瀬底大橋

沖縄本島(本部半島)と瀬底島を結ぶ沖縄県道172号(瀬底健堅線)の海上橋が瀬底大橋。昭和60年2月に完成した全長762mの橋で、完成時には沖縄県下で最長の橋でしたが、その後古宇利大橋、伊良部大橋などに抜かれています。

沖縄本島(本部半島)と瀬底島を結ぶ海上橋

橋の完成以前には、対岸の本部港から1日10往復の定期船が就航していましたが今は廃止に。
伊江島への伊江島フェリー(本部港発1日4往復)のほか、奄美大島都を結ぶ航路はこの橋をくぐります。

橋を渡った先の園地には瀬底大橋開通顕彰の碑も立ち、駐車場から橋を一望にできます。
瀬底ビーチ、アンチ浜、恋人ビーチと瀬底島には人気のビーチがあり、この橋はその入口ということに。

瀬底大橋 DATA

名称 瀬底大橋/せそこおおはし
所在地 沖縄県国頭郡本部町瀬底
関連HP http://www.town.motobu.okinawa.jp/
ドライブで 沖縄自動車道許田ICから約22km
駐車場 瀬底大橋開通顕彰の碑園地、瀬底桟橋、アンチ浜などを利用
問い合わせ 本部町商工観光課TEL:0980-47-2700

写真協力/沖縄観光コンベンションビューロー

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ