ヌドクビアブ

ヌドクビアブ

沖縄県宮古島市、伊良部島にある知る人ぞ知るパワースポットで、近年、撮影スポットとしても注目されているのが、ヌドクビアブ。さとうきび畑になかに茂る森に入ると、足元の地面がパクリと割れて、地の奥底に。階段を下った先が神秘的な鍾乳洞(深さ22m)、ヌドクビアブです。

伊良部島に眠る神秘的な鍾乳洞へ!

ヌドクビアブ
ここが入口

ヌドクビは喉首(のどくび)、アブは深い(縦穴)で、喉首状態の縦穴の意。
気根(きこん)や樹根が垂れて底まで届いていて、神秘的な雰囲気を盛り上げてくれます。
戦時中は防空壕としても活用されたといい、洞穴の奥にはカマドの跡があります。

近くには同様の縦穴、ティーズアブもありますが、ティーズアブに関しては安易な入洞は禁物。
伊良部島にはこのほか、いずれも宮古島市の史跡に指定されるタウワインミィアブ(ノロジカやコウモリ、ケナガネズミなどの化石骨が出土)、ウスバリアブ(子供のアゴの骨と歯が出土)、カナマラアブ(2万年ほど前の人骨、ノロジカ、ミヤコウマ、ミヤココキクガシラコウモリの化石が出土)、 ピンザアブ(旧石器人の化石や石器が発見された日本最南端の遺跡)など数多くのアブと呼ばれる洞窟が点在していますが、観光客が入洞できるのは、このヌドクビアブくらいです。

ヌドクビアブ
名称 ヌドクビアブ/ぬどくびあぶ
所在地 沖縄県宮古島市伊良部池間添1229
関連HP 宮古島市公式ホームページ
電車・バスで 宮古空港からタクシーで20分
問い合わせ 宮古島市観光商工部 TEL:0980-73-2690/FAX:0980-73-2692
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ