ぽっぽ通り(東野鉄道廃線跡)

ぽっぽ通り(東野鉄道廃線跡)

栃木県大田原市にある歩行者自転車専用道路が、ぽっぽ通り(東野鉄道廃線跡)。昭和43年に西那須野駅〜黒羽駅間が廃線となった東野鉄道(とうやてつどう)の大田原駅〜西那須野駅間の4.2kmを転用したもの。大田原駅の跡地は、クスリのアオキ山の手店になっています。

東野鉄道の廃線跡を歩行者自転車専用道路に転用

ぽっぽ通り(東野鉄道廃線跡)

東野鉄道は、大正7年4月17日、西那須野駅〜黒羽駅間が開業(西那須野駅、大田原駅、金丸原駅、黒羽駅開業)、大正13年12月6日には黒羽駅〜那須小川駅間が延伸開業しています(昭和14年6月1日に延伸部分は廃止に)。

大田原駅〜西那須野駅間は、4.6kmなので400mほどを除いて歩行者自転車専用道路に転用していることになり、廃線歩きが楽しめます。
この間の途中駅は大高前駅(だいこうまええき)、乃木神社前駅の2駅で、ともに駅跡にはホームを模したモニュメントがつくられています(実際のホームではありません)。
ぽっぽ通りとはいうものの、ディーゼルカーも走っていました。

西那須野駅の跡地は、西那須野ステーションビルが建っています。
西那須野駅側では、西朝日町緑地(西朝日町2丁目)からスタート、途中から西那須街道に並走し、栃木県道53号(栃木県道53号大田原高林線)との交点が大田原側の起点です。

ぽっぽ通り(東野鉄道廃線跡)
名称 ぽっぽ通り(東野鉄道廃線跡)/ぽっぽどおり(とうやてつどうはいせんあと)
所在地 栃木県大田原市住吉町〜那須塩原市西朝日町
電車・バスで JR西那須野駅からすぐ
駐車場 周辺の有料駐車場を利用
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ