浜田温泉

亀川温泉にあり、開湯は明治22年頃。大正末期には「浜田鉱泉・内竈の湯」とも呼ばれていました。昭和10年には社寺風の市営温泉が建てられ、1階が温泉、2階は公民館として利用されていました。現在の建物は平成14年に改築したものですが、造りは以前のまま。

社寺風建築の共同湯内部はバリアフリー

外観は唐破風に千鳥破風の小屋根・大屋根が付いた威風堂々とした宮造りで、バリアフリーの館内にはタイル貼りで清潔な男女別浴場があります。

泉質はナトリウム−塩化物・硫酸塩泉(塩化物泉/泉温54度/pH7.2)で、神経痛、切り傷、火傷などに効果があります。
亀川温泉の引き湯ながら源泉掛け流しで楽しめます。

昭和10年に共同浴場として建設された旧浜田温泉の建物(現在の浜田温泉の向かいにあります)は、浜田温泉資料館として活用されています。
国の登録有形文化財で、かつての浴室が展示室になっています。
 

浜田温泉 DATA

名称 浜田温泉/はまだおんせん
所在地 大分県別府市亀川浜田町991-6
関連HP 別府市公式ホームページ
電車・バスで JR亀川駅から徒歩2分
ドライブで 大分自動車道別府ICから約7.1km
駐車場 28台/無料
問い合わせ TEL:0977-67-2619
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

こちらもどうぞ