大原邸

大原邸

大分県杵築市(きつきし)、城下町・杵築で家老職など上級武士の北台武家屋敷を代表する邸宅が、大原邸。もとは杵築藩筆頭家老の中根斎の邸宅、御用屋敷で、江戸末期には石高200石の用人、大原文蔵の邸宅となった建物。杵築市北台南台伝統的建造物群保存地区の保存建築物にもなっています。

北台武家屋敷を代表する武家屋敷

北台の勘定場の坂から延びる家老丁に建つ大きな武家屋敷。
通りに面して桁行八間半(15.46m)、梁行2間(3.64m)もの長屋門があり、家老であった大原邸のみ、門の正面に玄関が配されています(武家屋敷では、玄関と門の位置を少しずらすなど、出入りの様子が道路から見えないようにするのが一般的)。
入母屋造寄棟造りの主屋には、式台付き玄関が設けられた格式の高い邸宅で、表の座敷(接待の場)と奥の居住部分も分かれています。
入母屋造の屋根を正面にみせる幅2間(3.64m)、奥行1間(1.82m)の式台(玄関に続く一段低い家来の控え場所)を構えた玄関を入ると、その奥に8畳の次の間、10畳の座敷に通じています。

観賞用の優雅な池に中島が浮かぶ日本庭園も有しており、上級武士の邸宅の面影を色濃く残す屋敷で、城下町散策の必踏ポイントのひとつ。

文政5年~文政6年(1822年~1823年)に編纂された宝暦年間(1751年~1764年)以降の北台武家屋敷・南台武家屋敷の居住者を記録した『居宅考』によれば、宝暦年間には120石取りの相川東蔵が居住し、相川東蔵が知行を返上した後、筆頭家老を務めた中根斎(350石取り)、さらに岡三郎左衛門を経て、桂花楼となったとあり、御用屋敷桂花楼の場所であったと伝えられています。
天保3年(1832年)、大手広場にあった牡丹堂に桂花楼は移設されていますが、その後も御用屋敷として続いていたようです。
明治元年の絵図にはすでに大原家の所有になっているので、文政年間(1818年〜1830年)以降に用人・大原文蔵(200石)の屋敷地となったことがわかります。
杵築城の御殿を移築したという説もありますが、御用屋敷時代のものなのか、それ以前のものか、建築年代は定かでありません。

筆頭家老を務めた中根斎は、三河国碧海郡中根村(現・愛知県豊田市中根町)出身の中根長兵衛末治が松平重勝(まつだいらしげかつ=能見松平家/現在の愛知県岡崎市の出身で徳川家康に仕えて出世)に仕えたことに始まり、杵築藩一の家老にまで出世しています。
塩屋の坂を上るとそこは南台武家屋敷・家老丁にある中根邸(和楽庵)は、その別邸(隠居宅)です。

大原邸
名称 大原邸/おおはらてい
所在地 大分県杵築市杵築207
関連HP 杵築市公式ホームページ
ドライブで 大分空港道路杵築ICから約3.3kmで観光客用駐車場
駐車場 観光客用駐車場を利用
問い合わせ 大原邸 TEL:0978-63-4554
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
勘定場の坂

勘定場の坂

大分県杵築市(きつきし)、城下町・杵築を象徴する坂道のひとつで、坂の下に杵築藩の勘定場が置かれていたことがその名の由来です。石段の幅が広く、勾配も比較的緩やかなのは、当時武家の移動手段だった馬、横向きに上った籠かきの歩幅にあわせて造られてい

酢屋の坂

酢屋の坂

大分県杵築市、城下町・杵築の北台武家屋敷から商人の町・谷町へと通じる、杵築随一のロケーションを誇る坂道が、酢屋の坂。そのフォトジェニックな風景は、映画やドラマの舞台にも使われてきました。坂の下にかつて酢屋があったのが名の由来です。武家屋敷と

番所の坂

番所の坂

大分県杵築市、城下町・杵築(杵築市北台南台伝統的建造物群保存地区)の風情ある坂道のひとつが、番所の坂。杵築城下にあった6ヶ所の番所のひとつ、北浜口番所があったことが坂の名の由来です。番所には番人が常駐し、夜間には大戸を閉めて通行ができなくな

中根邸(レンタルきもの和楽庵)

中根邸

大分県杵築市(きつきし)、杵築城の西、上級武士の屋敷が並ぶ南台武家屋敷エリア・家老丁にあるのが、中根邸。中根家は杵築藩の筆頭家老などの要職を務めた名家。現存する建物は、幕末の文久2年(1862年)、中根家9代、家老職の中根源右衛門が隠居所と

磯矢邸

磯矢邸

大分県杵築市(きつきし)、杵築城下町の北台武家屋敷にあり、もとは江戸時代後期、藩主の休息所・御用屋敷「楽寿亭」の一部だったという武家屋敷。明治時代には200石の武士、加藤与五右衛門の邸宅として使われ、明治時代には増改築も行なわれています。現

北台武家屋敷・藩校学習館跡

北台武家屋敷・藩校学習館跡

大分県杵築市、城下町・杵築の家老などの邸が並んでいた北台武家屋敷にある杵築藩の藩校「学習館」の跡が、北台武家屋敷・藩校学習館跡。藩政改革を推進した、杵築藩7代藩主・松平親賢(まつだいらちかかた)が、天明8年(1788年)に開いたのが、藩校「

北台武家屋敷跡(杵築市北台南台伝統的建造物群保存地区)

北台武家屋敷跡(杵築市北台南台伝統的建造物群保存地区)

大分県杵築市、杵築城の西の高台に位置する、北台武家屋敷跡。杵築藩の上級武士が暮らした武家屋敷街で、杵築市北台南台伝統的建造物群保存地区にも選定されています。海蝕崖で囲まれた南北の台地は武家地、台地を囲む低地は町人地という「サンドイッチ型城下

能見邸

能見邸

大分県杵築市、城下町・杵築の家老などの邸が並んでいた北台武家屋敷にある幕末期のものと推測される武家屋敷の遺構が、能見邸。玄関の間、上段の間を有する格式ある上級武士の邸宅で、庭や建物の様式美など、見ごたえのある武家屋敷です。喫茶、土産品の販売

佐野家

佐野家

大分県杵築市、城下町・杵築で代々医家を務めた佐野家。共通観覧券対応施設のひとつで、杵築市役所にほど近い、坂周辺に家が一軒しかなかったという、ひとつ屋の坂と、紺屋(染物屋)が並んでいたという紺屋町の坂を上った、北台の一画に建っています。主屋は

杵築城

杵築城

大分県杵築市、江戸時代には杵築藩(きつきはん)の藩庁だったのが、杵築城。杵築市街地の東端、北は高山川、東は守江湾に臨む標高30mの台山の上に築かれた連郭式平山城。室町時代初期に、木付城として大友一族と木村頼直によって築城され、戦国時代には大

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ