佐賀関・関崎(関埼灯台)

佐賀関・関崎(関埼灯台)

大分県大分市、関さば、関あじのふるさとして知られる豊後水道が目の前に広がる、佐賀関半島の突端に位置する岬が、関崎(せきざき)。県内最古の灯台である、明治34年7月20日点灯の関埼灯台、豊後水道に浮かぶ島々、行き交う船などの大パノラマが広がる絶景地で、豊予海峡をはさんだ対岸には、佐田岬や四国連山を遠望する絶景の岬です。

佐賀関半島突端の岬には関埼灯台が建つ

豊後水道の中で水路が最も狭い部分が豊予海峡(関崎〜佐田岬/海峡幅14km、最大水深195m)。
速吸瀬戸(はやすいのせと)とも呼ばれる潮流の速い場所で、海の難所にもなっています。
その潮流の速さが、身が引き締まり脂ののった関さば、関あじを生み出しているのです。
佐田岬、佐賀関半島が海に突き出しているのは、実は日本最大の断層である中央構造線が通っているから。

岬の先端に建つ関埼灯台は、昭和45年に無人化されていますが、かつて灯台守は港のある佐賀関集落まで5kmの山道を2時間かけて歩く必要があり、職員の子供たちも通学が大変だったという話が残されています。
生活物資の調達は、小黒集落の用船者の漁船が唯一の頼みだったとか。
現在は灯台入口まで半島を一周するように佐賀県道635号(佐賀関循環線)が通じており、さらに展望・展望台のある「関崎海星館」まで車で入ることができます。
「関崎海星館」から関埼灯台までは徒歩15分ほど。
  
沖合い3.5kmに浮かぶ高島は、亜熱帯植物の北限となるビロウ樹が自生し、ウミネコも棲息。
またここから宮崎県美々津海岸にいたる日豊海岸は、リアス式海岸で、多くの島、半島、岩礁、海蝕崖があり日豊海岸国定公園にも指定されています。

関崎一帯にはサクラやヤブツバキなども自生し、3万5000本もの水仙も咲き乱れる自然の宝庫。
佐賀関は瀬戸内海の入口にあたる軍事的にも重要な場所で、第二次世界大戦までは対岸の佐田岬、沖の高島、鶴御崎(つるみさき)とともに豊予要塞の砲台が築かれていました。
大正13年には高島第1砲台、高島第2砲台、関崎砲台(15cm速射カノン砲)が完成しています。

佐賀関港と三崎港の間には、国道九四フェリー(国道197号の海上国道扱い)があり、所要はわずか1時間10分で、「九州・四国の最短航路」とPRされる便利な航路となっています。

佐賀関・関崎(関埼灯台)
名称 佐賀関・関崎(関埼灯台)/さがのせき・せきざき(せきざきとうだい)
所在地 大分県大分市佐賀関
関連HP 大分市観光協会公式ホームページ
電車・バスで JR幸崎駅から大分交通バス佐賀関行き20分、終点下車
ドライブで 東九州自動車道大分宮河内ICから約24.4kmで関崎展望台駐車場
駐車場 100台/無料、関崎海星館駐車場利用も可能
問い合わせ 大分市商工農政部観光課 TEL:097-537-5626
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

佐田岬灯台

「岬十三里」と呼ばれた日本一細長いな佐田岬半島の先端は、断崖となって海に落ちています。その先端に建つのが佐田岬灯台。駐車場に車を入れて遊歩道を30分ほど歩くと、椿に覆われた眺めのいい椿山。豊予海峡(ほうよかいきょう)に浮かぶ高島越しに九州を

佐田岬

佐田岬

豊後水道に突き出した長大な佐田岬半島(愛媛県伊方町)。中央構造線による地殻変動で誕生した半島で、基部から先端まで40kmの細い山並みが連続し、海上に浮かぶ山脈といった感じ。「佐田岬メロディライン」と呼ばれる国道197号が尾根上を走り、半島先

丹賀砲台園地(丹賀ミュージアムパーク)

丹賀砲台園地(丹賀ミュージアムパーク)

第二次世界大戦以前、大分県と愛媛県に挟まれた豊後水道(ぶんごすいどう)には豊予要塞(ほうよようさい)として、砲台などが次々と建設されました。大分県佐伯市側の鶴見半島先端に位置する鶴御崎(つるみさき)もそのひとつ。丹賀砲台は、昭和6年に建設さ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ