天念寺・川中不動

天念寺・川中不動

大分県豊後高田市にある六郷満山の中山本寺である天念寺。天念寺前の長岩屋川には巨岩に刻まれた川中不動三尊があります。川の流れが巨岩によってさえぎられ、淵が形成されていますがその巨岩に彫られたのが高さ3.7mの不動明王像、高さ1.7mの矜羯羅(こんがら)童子・制多迦(せいたか)童子像。総称して天念寺・川中不動と呼ばれています。

巨岩に刻まれる不動三尊像

天念寺・川中不動

室町時代に、天念寺の水害除けに刻まれたもの。
周辺は河川公園として整備され、天念寺背後の岩屋とあわせて散策することができます。

不動三尊とは、中央に本尊の不動明王(明王=密教における尊格)、脇侍(わきじ)の矜羯羅童子(こんがらどうじ)、制多迦童子(せいたかどうじ)のこと。

名称 天念寺・川中不動/てんねんじ・かわなかふどう
所在地 大分県豊後高田市長岩屋1152
関連HP 豊後高田市観光協会公式ホームページ
ドライブで 東九州自動車道宇佐ICから約26km
駐車場 40台/無料
問い合わせ 豊後高田市商工観光課 TEL:0978-22-3100
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
天念寺

天念寺

大分県豊後高田市にある天台宗の古刹、天念寺。六郷満山の中山本寺(全10寺)のひとつで、養老2年(718年)の開基と伝わります。平安・鎌倉時代には修験と祈願の寺として栄え、とくに元寇の際には戦勝祈願の法要が盛んに行なわれたと伝えられています。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ