稲積水中鍾乳洞

稲積水中鍾乳洞

大分県豊後大野市、標高572mの稲積山の東麓に開口した地下河川型の洞窟が稲積水中鍾乳洞。日本最大の水中鍾乳洞ともいわれ、湧き出す水は白山川源流のひとつとなっています。全国でも珍しい大規模な水中鍾乳洞は、3億年前の古生代に形成され、30万年前の阿蘇火山大噴火により水没し現在の形になったのだとか。

洞内には水深40mをこえる地底湖も!

稲積水中鍾乳洞
稲積水中鍾乳洞

新生洞と水中洞に分かれた洞内は、全長約1km。
秀麗閣、仏の里、鬼の岩屋、示現の淵、古城、幽玄の滝などと名付けられた見どころがあり、水中鍾乳石、珊瑚石、ヘリクタイト(曲がり石)など浸食形態もさまざま。
エメラルドの泉、示現の淵、名残の池など、随所に青く澄む水をたたえています。
また洞内の温度は年間通じて16度と安定し、夏は涼しく冬は暖かく感じます。

敷地内にはほかに、絵画、陶器、仏像など、150点を展示する「開世美術館」、昭和タイムトリップ「ロマン座」、鍾乳洞資料館などが併設されています。

稲積水中鍾乳洞
 

稲積水中鍾乳洞 DATA

名称 稲積水中鍾乳洞/いなづみすいちゅうしょうにゅうどう
所在地 大分県豊後大野市三重町中津留300
関連HP 稲積水中鍾乳洞公式ホームページ
電車・バスで JR三重駅から大野交通バス稲積水中鍾乳洞行き40分、終点下車
ドライブで 大分自動車道大分米良ICから約43.3km
駐車場 300台/無料
問い合わせ TEL:0974-26-2468/FAX:0974-26-2469
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
白山渓谷/全国名水百選「白山川」

白山渓谷/全国名水百選「白山川」

2019年2月23日
轟橋・出会橋

轟橋・出会橋

2019年2月20日

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ