大野城

太宰府(だざいふ)の北、なだらかに広がる四王寺山脈(福岡県宇美町・大野城市・太宰府市の境)にある古代の山城が大野城(おおのき)。水城(みずき)が造られた翌年、665(天智天皇4)年、大宰府の北の守りとして、南に備えられた基肄城(きいのき)とともに築かれた古代の山城で、国の特別史跡に指定され、「日本100名城」にも選定。

日本最古の朝鮮式山城は、古代最大の城跡

大野城 空撮 Photo Map

百済(くだら)滅亡直後の663(天智天皇2)年、朝鮮半島の白村江(はくすきのえ)に倭国軍を送り、唐・新羅連合軍と激戦を行ないましたが敗戦。
倭国は、大陸からの脅威に怯えることとなります。

『日本書紀』には、「天智四年達率(だっそつ=百済の官位)答本春初(とうほんしゅんそ)を遣はして、城(き)を長門国に築かしむ。達率憶礼福留(おくらいふくる)、達率四比福夫(しひふくふ)を筑紫国に遣はして、大野及び椽の二城(ふたつのき)を築かしむ」と記されています。

つまり、百済滅亡に伴って朝鮮半島から亡命した百済国の達率(たつそつ)・憶礼福留(おくらいふくる)、四比福夫(しひふくふ)の指導で、朝鮮半島にある山城を手本に城塞を築いたことが判明しています。
『続日本紀』の698(文武天皇2)年には、大野城、基肄城、鞠智城(くくちのき/熊本県山鹿市・菊池市)の三城の修復の記載もあり、当時の国際情勢の緊迫を垣間見ることができます。

『万葉集』にも詠われた大野山(四王寺山脈)は奈良時代に四天王が祀られた四王寺が創建され、その名が山の名として今に続いています。
大野城跡の史跡指定面積の8割は宇美町(うみまち)で、一帯は、福岡県立四王寺県民の森として整備。
大野城探勝の起点は、県民の森センター(駐車場)となります。
カエデ、モミジ、ヌルデ、イチョウ、コナラが茂る紅葉の名所でもあり、紅葉の見頃は、例年11月中旬〜11月下旬。

山上には石垣、土塁、礎石などが現存

巡らされた土塁の上を歩くことも可能
中世の城のような百間石垣

古代の城とはいえ、太宰府防備の前線として機能した大野城は、版築(質の違う土を、厚さ数センチ単位で突き固める工法)で築かれた総延長8.4km(外周6.8km)にもわたる土塁や石垣で山頂部を囲み、その中に建物を築く大規模な山城です。
大宰府を守備するということから、日本遺産「大宰府」の重要な構成資産になっています。

標高410mの四王寺山(大城山)を中心として、太宰府口城門、観世音口城門、坂本口城門、水城口城門、クロガネ岩城門など9ヶ所の城門が配されていました。
倉庫跡などと思われる礎石が約71棟分も山中に点在しています。
城壁は尾根に土を高く盛った土塁ですが、複雑な起伏のため、谷には石垣、ダムのような石塁が築かれています。

四王寺川に築かれた石垣は長さが180mほどのため「百間石垣」と呼ばれています。
南の山頂部、太宰府口城門に近い内周土塁のすぐ内側には、4棟の高床式倉庫の跡が一列に並ぶ増長天礎石群(ぞうちょうてんそせきぐん)が発掘されています。
また、その北側、焼米ヶ原(駐車場があります)には尾花礎石群が、県民の森センターの北側には八ツ波礎石群、城郭の北側、百間石垣近くには主城原礎石群が残されています。

山上では水の確保も重要で、増長天礎石群のすぐそばにある鏡池は、古代の井戸の跡と想像できます。
鏡池から北西へ500m歩いた「けいさしの井戸」は、造られた年代は定かでありませんが、円形に組まれた石組みがあります。

太宰府口城門から南へ四王寺林道を太宰府方面へ下れば、途中には岩屋城跡もあります。

ちなみに朝鮮半島への応援軍は難波宮から瀬戸内を航海し、娜大津(なのおおつ=現在の博多)から出陣しています。

太宰府口城門の跡
増長天礎石群
けいさしの井戸
水門
八ツ波礎石群
主城原礎石群

大野城 DATA

名称 大野城/おおののき
所在地 福岡県糟屋郡宇美町四王寺・太宰府市太宰府・大野城市瓦田
関連HP 宇美町公式ホームページ
太宰府市公式ホームページ
電車・バスで JR大野城駅からタクシーで20分
ドライブで 九州自動車道太宰府ICから約7km
駐車場 福岡県立四王寺県民の森駐車場などを利用
問い合わせ 宇美町社会教育課TEL:092-933-2600
太宰府市観光推進課TEL:092-921-2121
福岡県立四王寺県民の森管理事務所TEL:092-932-7373
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
鞠智城

鞠智城

2018年11月9日

日本100名城 九州・沖縄16城

2018年6月6日

大宰府政庁跡

2017年9月30日

水城

2017年9月29日

鬼ノ城

2017年9月29日
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ