大迫磨崖仏

大迫磨崖仏

大分県豊後大野市千歳大迫地区の国道57号沿いにある、高さ3.2mの磨崖仏が大迫磨崖仏(おおさこまがいぶつ)。鎌倉時代後期とも、室町時代(天文2年頃)の作ともいわれる巨大な大日如来像です。古くから「牛神」として地元でも信仰が篤く、近くの笹を牛に食べさせると牛の病気よけになるのだとか。大分県の有形文化財に指定。

「大迫半端ない石仏」として注目度UP!

高さ5m、幅6mの石窟に嵌め込まれた入母屋造りの覆屋に鎮座。
ベースとなる岩盤の知田火砕流堆積物は、非常に脆(もろ)いため、まず岩壁を荒く削って大まかに像を彫り出してから、その表面に塑土(粘土)を盛り、再度形を整えるという、石心塑像(石胎塑像)ともいわれる手法が用いられています。
衣装のしわなどは、漆喰(しっくい)を使っています。
現存する像、は塑造部分が江戸時代に修造されたもの。

拝観所も整備され、気軽に見学することができます。
近年では「大迫半端ない石仏」といわれて、注目度も急上昇中。
おおいた豊後大野ジオパークのジオサイトにもなっています。
 

大迫磨崖仏 DATA

名称 大迫磨崖仏/おおさこまがいぶつ
所在地 大分県豊後大野市千歳町長峰1526
関連HP ぶんご大野里の旅公社公式ホームページ
ドライブで 大分自動車道大分米良ICから約20.7km
駐車場 10台/無料
問い合わせ ぶんご大野里の旅公社 TEL:0974-35-360
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
緒方宮迫東石仏

緒方宮迫東石仏

2019年2月26日
緒方宮迫西石仏

緒方宮迫西石仏

2019年2月26日
普光寺磨崖仏

普光寺磨崖仏

2019年2月23日
犬飼石仏

犬飼石仏

2019年2月23日

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ