緒方宮迫東石仏

緒方宮迫東石仏

大分県豊後大野市緒方町で、国の史跡指定を受けた宮迫東西石仏。これは、中世にこの緒方庄を支配した緒方惟栄(おがたこれよし)の命により、平安時代後期から鎌倉時代初期にかけて彫られたと伝わる磨崖仏。500mほどの距離に東石仏と西石仏があります。大日如来は江戸時代には薬師如来、そして牛神として崇められたのだとか。

500mほどの距離に東石仏と西石仏が

緒方宮迫東石仏は、駐車場から100mほどの丘陵地の南斜面に、覆屋に覆われた仏龕があり、そのなかに高さ2.65mの大日如来坐像を中心に、向かって右に不動明王、左に持国天の立像が厚肉彫りに。
さらにその左右の側壁に吽形・阿形の仁王立像、計5体が並び、朱や黄色などで彩色が施されています。

また仁王像の左には2基の磨崖宝塔がありますが、これは後の室町時代初期に刻まれたもの。

緒方宮迫東石仏 DATA

名称 緒方宮迫東石仏/緒方宮迫東石仏
所在地 大分県豊後大野市緒方町久土知
関連HP 豊後大野市公式ホームページ
電車・バスで JR緒方駅から徒歩30分
ドライブで 大分自動車道大分米良ICから約42km
駐車場 宮迫東石仏駐車場(10台/無料)
問い合わせ 豊後大野市社会教育課文化財係 TEL:0974-42-4141
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
緒方宮迫西石仏

緒方宮迫西石仏

2019年2月26日
大迫磨崖仏

大迫磨崖仏

2019年2月25日
普光寺磨崖仏

普光寺磨崖仏

2019年2月23日
犬飼石仏

犬飼石仏

2019年2月23日

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ