住吉御殿

住吉御殿

大分県佐伯市を流れる中江川のほとり、佐伯藩の船着き場だった船頭町にあるのが住吉御殿。もともとは佐伯城三の丸御殿の一部で、昭和45年に住吉神社に隣接する現在地に移築復元され、地域の公民館として利用されています。玄関と広間部分のみですが、藩主の居館として使われていた頃の三の丸御殿唯一の遺構として、貴重な存在。

三の丸御殿の玄関と広間部分が現存

江戸時代、佐伯藩の藩庁だった佐伯城は、寛永14年(1637年)、3代藩主・毛利高尚の時代に、藩主が幼少だったこともあって、近世城郭として城山の麓に三の丸を拡張、機能の中心を三の丸に移しています。
その際、藩主の居館となった御殿の一部です。

三の丸御殿は、明治6年におもな建物が破却された際にも残されていましたが、昭和45年、佐伯文化会館建築の際に、解体。
玄関と広間部分のみが移築されたのです。
佐伯城の遺構としては三の丸櫓門とともに現存する貴重なもの。

館内には、藩主の遺品や佐伯の歴史に関する資料も展示され、五所明神社の春の例大祭『神幸祭』の御旅所としても使われています。
住吉神社と御殿一帯には、ソメイヨシノが植栽され、桜の開花期には花見で賑わいます。

名称 住吉御殿/すみよしごてん
所在地 大分県佐伯市船頭町11
関連HP 佐伯市観光協会公式ホームページ
電車・バスで JR佐伯駅からタクシーで7分
ドライブで 東九州自動車道佐伯ICから約3.8km
駐車場 佐伯文化会館駐車場(200台/無料)を利用/駐車場から徒歩10分
問い合わせ 佐伯市観光案内所 TEL: 0972-23-3400
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
佐伯城

佐伯城跡

大分県佐伯市の南西、標高144mの城山に、慶長11年(1606年)、築城の名人・毛利高政(もうりたかまさ)が築いたと伝わる平山城の城が佐伯城跡(さいきじょうせき)。舞鶴のような姿から「鶴屋城」との別名を有しています。江戸時代には佐伯藩の藩庁

佐伯城三の丸櫓門

佐伯城三の丸櫓門

大分県佐伯市の南西、標高144mの城山に、1606(慶長11)年、築城の名人・毛利高政が築いたと伝わる平山城が、佐伯城(さいきじょう)。山頂の本丸周辺には石垣しか残されていませんが、麓の佐伯文化会館横には、佐伯藩3代当主・毛利高尚(高直)時

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ