城下町佐伯 国木田独歩館

城下町佐伯 国木田独歩館

大分県佐伯市にある「日本の道100選」に選定の「歴史と文学の道」沿いにある、国木田独歩の記念館が「城下町佐伯 国木田独歩館」。文豪・国木田独歩が、明治26年10月〜明治27年6月末までの約9ヶ月間、弟の収二とともに寄寓した坂本永年邸(さかもとながとしてい)を再生したもの。

国木田独歩が投宿した主屋2階の窓から元越山を眺める

当時の佐伯町鶴谷学館に教師として赴任した国木田独歩は、この坂本邸の主屋2階に投宿していました。
家主の坂本永年は、鶴谷学館(つるやがっかん)の館長を務めた人物で、藩政時代の坂本家は上級武士の家柄。
その邸宅は佐伯藩主・毛利家の別荘だった「お浜御殿」を移築したものという、素晴らしい環境でした。

1165平方メートルもの敷地には、主屋と土蔵があり、城山に面した裏庭は自然の地形を活かし、井戸屋形などもあったのだとか。
これを国木田独歩が滞在した当時のままに復元。
主屋の1階には明治時代の佐伯を紹介するコーナーや映像展示室、2階には鶴谷学館の資料をはじめ、独歩直筆の原稿、初版本などが展示されています。
また土蔵1階では、独歩の生い立ちなどを展示解説、太い梁が見られる土蔵の2階は、読書コーナーとなっておりくつろげるスペースになっています。

城下町佐伯 国木田独歩館 DATA

名称 城下町佐伯 国木田独歩館/じょうかまちさいき くにきだどっぽかん
所在地 大分県佐伯市城下東町9-37
関連HP 佐伯市公式ホームページ
ドライブで 東九州自動車道佐伯ICから約5km
駐車場 10台/無料、または、佐伯文化会館下市営駐車場(170台/無料)を利用
問い合わせ TEL:0972-22‐2866
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
佐伯・歴史と文学の道

佐伯・歴史と文学の道

2019年11月11日
国木田独歩旧宅

国木田独歩旧宅

2018年12月19日

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ