一畑電気鉄道デハニ50形電車(デハニ52)

平成21年3月29日に実施されたさよなら運転の後、一畑電車を舞台とした映画『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』(平成21年9月撮影、平成22年公開)のロケに使われたのが「一畑電気鉄道デハニ50形電車」。一畑電車出雲大社前駅に併設された展示スペースに置かれています。

一畑電車が昭和3年に製造したオリジナル車両を側線に展示

撮影に使用し、出雲大社前駅に保存されているのは昭和3年製造のデハニ52(昭和4年製造のデハニ53は雲州平田駅構内で体験運転用の車両に活用)。
デハニ50形はこのほか2両が製造されていますが、すでに廃車になっています。
デハニ52、デハニ53ともに映画撮影用に、ロングシートに改装されています。

デハニ50形電車は、昭和3年、北松江線小境灘駅(現・一畑口駅)〜北松江駅(現・松江しんじ湖温泉駅)の北松江線開通、さらに昭和5年の大社線開通に備え製造された荷物室のある車両。
一畑電車オリジナル車両で、当初は電装されておらず、小手荷物室付制御客車として登場しましたが、昭和4年に電動車に改良されています。
自動化された客用ドアを持たない営業用の電車としても日本で最後の車両にもなっています。

かつて鉄道友の会が長年にわたり活躍し、且つ、今なお現役または保存されている鉄道車両に対し授与していたエバーグリーン賞を平成7年に受賞しています。
 

一畑電気鉄道デハニ50形電車(デハニ52) DATA

名称 一畑電気鉄道デハニ50形電車(デハニ52)/いちばたでんきてつどうではに50けいでんしゃ
所在地 島根県出雲市大社町杵築南1346-5
関連HP 一畑電車公式ホームページ
ドライブで 山陰自動車道出雲ICから約9km
駐車場 18台/有料
問い合わせ 一畑電車出雲大社前駅TEL:0853-53-2133
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

一畑電車出雲大社前駅

2017.11.02

旧大社駅

2017.11.01
 

取材協力/島根県観光振興課

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

こちらもどうぞ