的山荘

的山荘

大分県速見郡日出町(ひじまち)、日出城の三の丸跡に建つのが、的山荘(てきざんそう)。大正4年に建てられた、大正時代の最盛期には日本一の産出額を誇った馬上金山(ばじょうきんざん/大分県速見郡山香町、現・杵築市山香町)を経営した金山王・成清博愛(なるきよひろえ)の別荘で、料亭として営業。

料亭として営業し、ランチなら予約無しで利用可能

成清博愛は、馬上金山を経営した、福岡出身の実業家で政治家。
その雅号「的山(てきざん、鉱山を当てるという意味)」をとり、的山荘と名付けられたもの。
江戸時代に開発された馬上金山は、その後、地下水の流出に手を焼きながら、細々と採掘され、人の手を転々としていました。
明治30年に神崎炭坑を手に入れ、順調に採炭していた成清博愛は、金鉱山に目を向け、馬上金山の持ち主であった帆足義方と、再三に渡る交渉を重ね、明治40年、馬上金山を買収。
坑道の一部が崩落する事故で、逆に金鉱脈を発見するという幸運に恵まれ、ゴールドラッシュで一躍富豪の仲間入りを果たします。

そんな時、日出城二の丸、三の丸の旧日出藩主・木下俊哲(きのしたとしあき)の家屋敷が売りに出されることを知り、木下家と直接交渉して土地を買い取り(木下俊哲は京都、さらに東京に移住)、「馬上金山近くに別邸を」という思いを実現させたのが、的山荘です。

敷地面積3670坪におよぶ広大な別荘に、当時の最高の材が惜しみなく使われ、総工費25万円、現在の価値で数億に相当とするという豪邸。

日出城が高台にあり、別府湾を見渡し、高崎山を借景にするという環境も、まさに別荘として最適でした。
建物は、桟瓦葺きの腕木門、格式ある玄関の式台、広間の欄間彫刻や書院など、実に豪奢な造り。
大正4年1月に落成式が行なわれ、その後、衆議院議員にも当選していますが、心臓発作を起こして辞職し、大正5年1月18日に没しています。
その後は、長男である成清信愛が跡を継ぎ、成清鉱業株式会社を立ち上げますが、堅実な経営を目指して大正12年、日本鉱業に金山を売却。
県北の交通機関を統合し、大分交通を誕生させるなど、様々な分野で活躍しています。
そんな成清信愛も終戦間もない昭和21年10月10日に没。

的山荘の維持管理は、成清信愛の次男・成清信輔が受け持ち、昭和39年には「割烹料亭 的山荘」としての営業を開始。
城下ガレイをはじめ、関サバ、関アジ、臼杵ふぐ、豊後牛など季節の料理を提供し、人気を博します。
その後、平成22年に日出町が買い取り、運営を委託しながら高級料亭として運営。
平成26年には「旧成清家日出別邸」として国の重要文化財に指定されています。

ランチメニューなら比較的に手頃な料金で味わうことができます。
懐石料理 ( 要予約 )は昼、夜ともに予約が必要(夜は懐石料理のみ)。

かつて皇族をはじめ著名人が訪れた見事な日本庭園は、見学だけの利用も可能。

的山荘
名称 的山荘/てきざんそう
所在地 大分県速見郡日出町2663
関連HP 的山荘公式ホームページ
電車・バスで JR日豊本線暘谷駅から徒歩10分
ドライブで 大分空港道路日出ICから約2.5km
駐車場 20台/無料
問い合わせ 的山荘 TEL:0977-72-2321/FAX: 0977-72-2320
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
日出城(暘谷城)

日出城(暘谷城)

大分県日出町(ひじまち)、北側から別府湾に突き出した南端の台地に築かれた平山城が日出城(ひじじょう)。慶長7年(1602年)、初代藩主・木下延俊(きのしたのぶとし)が築いたもので、3代藩主・木下俊長が中国古書『淮南子』より引用し名付けた「暘

致道館

致道館

大分県速見郡日出町(ひじまち)にある、大分県下で唯一現存する藩校の遺構が、致道館(ちどうかん)。かつて日出城(暘谷城・ようこくじょう)東二の丸(現・日出中学校)に位置した日出藩の藩校で、安政5年(1858年)、日出藩15代藩主・木下俊程(き

二の丸館

二の丸館

大分県速見郡日出町(ひじまち)、日出小学校前に建つ日出城(暘谷城・ようこくじょう)周辺の観光拠点となるのが、二の丸館。日出町の特産品の販売コーナー、飲食スペース「にのまる茶屋」、「茶時(ちゃどき)まるに」があり、観光の拠点になっています。日

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ