致道館

致道館

大分県速見郡日出町(ひじまち)にある、大分県下で唯一現存する藩校の遺構が、致道館(ちどうかん)。かつて日出城(暘谷城・ようこくじょう)東二の丸(現・日出中学校)に位置した日出藩の藩校で、安政5年(1858年)、日出藩15代藩主・木下俊程(きのしたとしのり)の命により創立したもの。

幕末につくられた日出藩の藩校が現存

致道館

それまであった藩校「稽古堂」をさらに増築して、致道館と改称。
幕末という時勢もあり、士族の子弟に限らず、町民にも門戸を開放し、学問だけでなく礼節や道徳も重んじられたと伝わっています。

木下俊程は、慶応3年(1867年)に隠居し、35歳で没していますが、16代藩主・木下俊愿(きのしたとしまさ=藩論を尊皇派にまとめ、戊辰戦争では新政府軍、版籍奉還で日出県の知藩事)の時代には、算術、兵学、洋学(オランダ語)なども教科に加えられています。

現存する建物は木造2階建てで、2階には寄宿舎生活を送る寮生が寝泊まりしていました。
明治4年の廃藩置県で廃校になるまで、8歳以上の子弟は必ず入学させ、寮生、通学生合わせて250人が学んでいます。

廃藩後は、暘谷女学校、日出町役場や図書館などに転用されていますが、昭和26年、日出中学校の建設に伴い、現在の西二の丸跡地に移築保存。
大分県下で現存する唯一の藩校として、大分県の史跡にも指定されています。

建物を支える野面積み(のづらづみ=自然石を加工しないで積み上げた石積み)の石垣も見事。
老朽化のため平成27年3月まで解体復元工事が行なわれ、見事に復活しています。

庄内藩の藩校の名も致道館ですが、論語の一節「君子學以致其道(君子学ンデ以テソノ道ヲ致ス)に由来。
庄内藩の藩校・致道館は、文化2年(1805年)、7代藩主・酒井忠徳(さかいただあり)が創設した藩校なので、日出藩よりも先輩にあたります。

致道館
名称 致道館/ちどうかん
所在地 大分県速見郡日出町2594-4
関連HP ひじ町ツーリズム協会公式ホームページ
電車・バスで JR日豊本線暘谷駅から徒歩5分
ドライブで 大分空港道路日出ICから約2.5km
駐車場 二の丸館駐車場(12台/無料)を利用
問い合わせ 致道館 TEL:0977-72-8298
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
日出城(暘谷城)

日出城(暘谷城)

大分県日出町(ひじまち)、北側から別府湾に突き出した南端の台地に築かれた平山城が日出城(ひじじょう)。慶長7年(1602年)、初代藩主・木下延俊(きのしたのぶとし)が築いたもので、3代藩主・木下俊長が中国古書『淮南子』より引用し名付けた「暘

二の丸館

二の丸館

大分県速見郡日出町(ひじまち)、日出小学校前に建つ日出城(暘谷城・ようこくじょう)周辺の観光拠点となるのが、二の丸館。日出町の特産品の販売コーナー、飲食スペース「にのまる茶屋」、「茶時(ちゃどき)まるに」があり、観光の拠点になっています。日

的山荘

的山荘

大分県速見郡日出町(ひじまち)、日出城の三の丸跡に建つのが、的山荘(てきざんそう)。大正4年に建てられた、大正時代の最盛期には日本一の産出額を誇った馬上金山(ばじょうきんざん/大分県速見郡山香町、現・杵築市山香町)を経営した金山王・成清博愛

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ