志保屋の坂(塩屋の坂)

志保屋の坂(塩屋の坂)

大分県杵築市、城下町・杵築の南台武家屋敷(中根邸などがあります)から商人の町・谷町へと通じる坂道が志保屋の坂(塩屋の坂)。谷町通りを挟んで向かい合う反対側の坂が有名な酢屋の坂で、実は志保屋の坂(塩屋の坂)から酢屋の坂を眺めるのが、杵築を代表する景観になっています。

北に酢屋の坂を眺望

坂下には明治33年創業、味噌の醸造所「綾部味噌醸造元」がありますが、その前身は、江戸時代の豪商「志保屋」の塩屋長右衛門が始めた酢屋。
この酢屋(商人町)を起点に北の高台、北台武家屋敷(大原邸など)上る酢屋の坂、南側の南台武家屋敷(中根邸など)への志保屋の坂(塩屋の坂)があり、「サンドイッチ型城下町」と呼ばれています。

志保屋の坂(塩屋の坂)を登った南台には、中根長右衛門(現・中根邸)、大原勘七らが住む南台家老丁のほかに、藩主の菩提寺・養徳寺へ通じる本丁を中心に、松・竹・梅の3小路、裏丁に面して平井一郎左衛門、石田源介など100石取以上の奉行職を務めた上級武士らが住んでいました。
幕末期に描かれたと推測される南台本丁通りの絵図『南台本丁武家屋敷町筋図』によれば土塀と門で囲われた武家屋敷らしい道路景観が形成されていたのです。

坂の上に南台武家屋敷があるため、騎馬による登降を考慮した造りになっています。

一帯は、国の重伝建、杵築市北台南台伝統的建造物群保存地区に選定。
大分では日田市豆田町伝統的建造物群保存地区に次ぐ、2番目の重伝建です。

志保屋の坂(塩屋の坂)
名称 志保屋の坂(塩屋の坂)/しおやのさか(しおやのさか)
所在地 大分県杵築市杵築
関連HP 杵築市観光協会公式ホームページ
ドライブで 大分空港道路杵築ICから約3.3kmで観光客用駐車場
駐車場 観光客用駐車場を利用
問い合わせ 杵築市観光協会 TEL:0978-63-0100
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
酢屋の坂

酢屋の坂

大分県杵築市、城下町・杵築の北台武家屋敷から商人の町・谷町へと通じる、杵築随一のロケーションを誇る坂道が、酢屋の坂。そのフォトジェニックな風景は、映画やドラマの舞台にも使われてきました。坂の下にかつて酢屋があったのが名の由来です。武家屋敷と

番所の坂

番所の坂

大分県杵築市、城下町・杵築(杵築市北台南台伝統的建造物群保存地区)の風情ある坂道のひとつが、番所の坂。杵築城下にあった6ヶ所の番所のひとつ、北浜口番所があったことが坂の名の由来です。番所には番人が常駐し、夜間には大戸を閉めて通行ができなくな

勘定場の坂

勘定場の坂

大分県杵築市(きつきし)、城下町・杵築を象徴する坂道のひとつで、坂の下に杵築藩の勘定場が置かれていたことがその名の由来です。石段の幅が広く、勾配も比較的緩やかなのは、当時武家の移動手段だった馬、横向きに上った籠かきの歩幅にあわせて造られてい

飴屋の坂

飴屋の坂

大分県杵築市、城下町・杵築(杵築市北台南台伝統的建造物群保存地区)の風情ある坂道のひとつが、飴屋の坂。美しく屈曲するので、被写体としても絶好。白っぽい石畳は、雨降りの夜に白く浮かび上がり、雨夜が飴屋に転訛したという説もあります。屈曲する坂道

中根邸(レンタルきもの和楽庵)

中根邸

大分県杵築市(きつきし)、杵築城の西、上級武士の屋敷が並ぶ南台武家屋敷エリア・家老丁にあるのが、中根邸。中根家は杵築藩の筆頭家老などの要職を務めた名家。現存する建物は、幕末の文久2年(1862年)、中根家9代、家老職の中根源右衛門が隠居所と

きつき城下町資料館

きつき城下町資料館

大分県杵築市、杵築城の西、南台武家屋敷エリア・家老丁にある中根邸に隣接し、城下町「杵築」の特徴的な町割などをジオラマ等で解説するミュージアムが、きつき城下町資料館。城下町の歴史や当時の風俗、習慣などを紹介するほか、杵築歌舞伎(地芝居)の豪華

一松邸

一松邸

大分県杵築市、サンドイッチ型城下町として名高い城下町・杵築の南台武家屋敷、きつき城下町資料館内にあるのが、一松邸(ひとつまつてい)。国務、逓信、厚生、建設大臣など数々の要職を歴任し、杵築市の初代名誉市民となった一松定吉(ひとつまつさだよし)

南台武家屋敷跡(杵築市北台南台伝統的建造物群保存地区)

南台武家屋敷跡(杵築市北台南台伝統的建造物群保存地区)

大分県杵築市、杵築城の西の高台に位置する、南台武家屋敷跡。杵築藩の上級武士が暮らした武家屋敷街で、杵築市北台南台伝統的建造物群保存地区にも選定。海蝕崖で囲まれた南北の台地は武家地、台地を囲む低地は町人地という「サンドイッチ型城下町」を形成し

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ