六呂瀬山一号墳(六呂瀬山古墳群)

六呂瀬山一号墳

福井県坂井市丸岡町にある六呂瀬山古墳群には4基の古墳がありますが、そのうち最大の前方後円墳が六呂瀬山一号墳。墳丘長147mは、東海・北陸では御墓山古墳(三重県伊賀市)、断夫山古墳(名古屋市)、昼飯大塚古墳(岐阜県大垣市)に次ぐ第4位の巨大な古墳ということに。一帯には古代の歴史ロマンが秘められているのです。

高志国を統治した大首長の墳墓

六呂瀬山一号墳は4世紀後葉に造られた巨大な前方後円墳(墳丘長に関しては自然地形のため、正確な計測が困難で、文化庁は140mとしています)。
墳丘は2段築成で、表面を葺石が覆い、墳丘上には円筒埴輪、朝顔形埴輪、家・鎧(短甲)の形を模した埴輪が並んでいました。
後円部東側には石を葺かない半円形の張り出しも付いています。

九頭竜川の右岸に位置する六呂瀬山古墳群。
標高50~200mの丘陵上には、約130基の古墳があり、全体を総称して丸岡古墳群と呼んでいます。
また対岸(九頭竜川左岸)にも手繰ヶ城山古墳(国の史跡)をはじめとする松岡古墳群があり、一帯が古くから拓けた地であることがよくわかります。

古代の北陸地方の中心は、まさにこの九頭竜川河口にあったのです(交易と農業用水の確保という利点がありました)。

丸岡古墳群の東南端に位置する六呂瀬山古墳群は、標高200mの六呂瀬山の山頂部にあり、前方後円墳2基(六呂瀬山一号墳、六呂瀬山三号墳)と方墳2基(二号墳、四号墳)が現存しています。
六呂瀬山一号墳の被葬者は、手繰ヶ城山古墳(4世紀中葉頃に築かれた越前における最初の大首長墳/墳丘長129m)の後、4世紀後半から5世紀前半にかけて存在していた高志国(こしのくに/後の越国で、律令制時代に越前、越中、越後に分離)における大首長の墓と推測できます。
坂井市丸岡町高椋は、『日本書紀』、『古事記』に記される継体天皇の母・振姫の故郷とされますが、継体天皇が生まれたのは5世紀後期とされるので、六呂瀬山一号墳に眠る首長は、それ以前に高志国を統治し、ヤマト王権と密接な関係を保った首長ということに。

近年の研究では、北陸南西部は、古墳時代の初めにヤマト王権の勢力下に入ったとされ、大陸との往来が頻繁になり様々な文化が流入した時代です。

名称 六呂瀬山一号墳(六呂瀬山古墳群)/ろくろせやまいちごうふん(ろくろせやまこふんぐん)
所在地 福井県坂井市丸岡町上久米田
関連HP 坂井市公式ホームページ
ドライブで 北陸自動車道丸岡ICから約9km
問い合わせ 福井市文化課 TEL:0776-50-3164
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
御墓山古墳

御墓山古墳

三重県伊賀市にある5世紀頃(古墳時代中期)築造と推測される前方後円墳が御墓山古墳(みはかやまこふん)。墳丘長188mは、三重県一はもちろん、東海・北陸地方では最大の規模を誇っています。仁徳天皇陵(大山古墳)、応神天皇陵(誉田山古墳)と同時期

断夫山古墳

断夫山古墳

名古屋市の熱田神宮公園内にある断夫山古墳(だんぷさんこふん)は、墳丘長151m、前方部の幅116mで愛知県最大の前方後円墳。6世紀初頭の築造で、尾張連草香(おわりのむらじくさか)の墓と推測されています。この墳墓を日本武尊の妃・宮簀媛命(みや

昼飯大塚古墳

岐阜県大垣市にある昼飯大塚古墳(ひるいおおつかこふん)は、4世紀末(古墳時代中期)に築かれた墳丘長150m(周壕を含めると推定約180m)という東海地方第3位、岐阜県下最大の前方後円墳。後円部・前方部ともに3段築成で、斜面には葺石を、平坦面

東海・北陸の古墳 ベスト5

東海・北陸の古墳 ベスト5

ヤマト王権(畿内)に近い立地だった東海地区。そして独自の文化が花開いたと推測できる北陸。ヤマト王権と関わりの深い大首長が築いた前方後円墳がどこにあるのかを知ることは、古代、その地域の中心がどこだったかを知ることにも繋がります。律令時代に国府

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ