豊後二見ヶ浦しめ縄張り替え|佐伯市

豊後二見ヶ浦しめ縄張り替え

毎年12月第2日曜8:00~16:00頃、大分県佐伯市で『豊後二見ヶ浦しめ縄張り替え』が行なわれます。豊後二見ヶ浦と呼ばれる浅海井海岸(あざむいかいがん)で海上に浮かぶ豊後二見ヶ浦の大しめ縄。夫婦岩にかかる大しめ縄は、全長65m、最大直径75cm、重さ2tという日本一の大きさを誇り、1994年にギネスブックに掲載されています。

地元有志が恒例の張り替えを実施

豊後二見ヶ浦しめ縄張り替え

地元の有志の手で張り替えられる大しめ縄。
東雲中学校裏で作業が行なわれます(一般の参加も可能で、願い事札をしめ縄に編み込むことも)。
原料となる藁(わら)は、旧上浦町の姉妹町だった荻町(竹田市荻町)の町おこしグループから提供を受けています。

豊後二見ヶ浦しめ縄張り替え
豊後二見ヶ浦しめ縄張り替え|佐伯市
開催日時 毎年12月第2日曜8:00~16:00頃
所在地 大分県佐伯市上浦浅海井浦2
場所 豊後二見ヶ浦
関連HP 佐伯市観光協会公式ホームページ
電車・バスで JR浅海井戸駅から徒歩10分
ドライブで 東九州自動車道津久見ICから約13km
駐車場 臨時駐車場(校庭)を開設
問い合わせ 佐伯市観光案内所 TEL:0972-23-3400
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
豊後二見ヶ浦ライトアップ

豊後二見ヶ浦ライトアップ|佐伯市

毎年12月24日~翌年1月4日18:00~22:30、大分県佐伯市で『豊後二見ヶ浦ライトアップ』が行なわれます。豊後二見ヶ浦と呼ばれる浅海井海岸(あざむいかいがん)で海上に浮かぶ豊後二見ヶ浦夫婦岩の雄岩と雌岩にかかる大しめ縄をライトアップ。

豊後二見ヶ浦

豊後二見ヶ浦

大分県佐伯市上浦の日豊海岸国定公園内にある景勝地が豊後二見ヶ浦。伊勢・二見ヶ浦の夫婦岩(めおといわ)に似た景観から豊後二見ヶ浦と呼ばれています。荒波に削られた高さ15mの男岩と高さ7mの女岩の間に、長さ65mで最大直径75cm、重さ2tとい

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ