武蔵一宮氷川神社で『十日市』

武蔵一宮氷川神社で『十日市』

毎年12月10日、埼玉県さいたま市大宮区の武蔵一宮氷川神社で『十日市』(とおかまち)が執り行なわれます。武蔵一宮氷川神社の特殊神事『大湯祭』(だいとうさい)が11月30日〜12月11日の間、12日にわたって斎行されますが、12月10日が本祭で、熊手などを売る酉の市が立つので『十日市』と通称されています。

特殊神事『大湯祭』にあわせて酉の市の『十日市』開催

武蔵一宮氷川神社で『十日市』

伊勢の神宮の御神札(神宮大麻)は12月10日から授与。
さらに福熊手、福財布、福種銭が授与されます(0:00〜1:00、7:30〜22:00)。

境内や参道には熊手や神棚(宮型)、様々な露店など1000軒ほどが立ち並び(新型インフルエンザ蔓延時には200店)、手締めの声と拍手の音が響き渡ります。

12月10日10:00〜22:00は、参道周辺道路に交通規制を実施。

さいたま市では12月12日、浦和区の調神社の『十二日まち』(じゅうにんちまち)へと続いて年末の大歳市祭が行なわれます。

武蔵一宮氷川神社で『十日市』
武蔵一宮氷川神社で『十日市』
所在地 埼玉県さいたま市大宮区高鼻町1-407
場所 武蔵一宮氷川神社
関連HP 武蔵一宮氷川神社公式ホームページ
電車・バスで JR大宮駅から徒歩15分または、東武野田線北大宮駅から徒歩5分
ドライブで 首都高速埼玉大宮線与野西出口から約4.7km
駐車場 なし
問い合わせ 武蔵一宮氷川神社 TEL:048-641-0137
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
大宮氷川神社

武蔵一宮氷川神社

社伝によれば2400年前に創建されたと伝わる古社が埼玉県さいたま市の武蔵一宮氷川神社(むさしいちのみやひかわじんじゃ)。武蔵国(埼玉県、東京都)周辺に数多い氷川神社の総本社です。社名の氷川(ひかわ)は、出雲肥河(斐伊川)の川上に鎮座する杵築

調神社で『十二日まち』

調神社で『十二日まち』

毎年12月12日10:00〜21:00、埼玉県さいたま市浦和区岸町3丁目の調神社(つきじんじゃ)で、『十二日まち』(じゅうにんちまち)が執り行なわれます。調神社境内と調公園を会場にたくさんの露店が出店。調神社では「かっこめ」(ミニ竹熊手)が

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

Avatar photo

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ