醒井地蔵まつり(地蔵盆)|米原市

醒井地蔵まつり(地蔵盆)

8月23日~8月24日18:00~、滋賀県米原市醒井(さめがい)で『醒井地蔵まつり』(地蔵盆)が行なわれます。両日にわたって、ご詠歌や盆踊り、万灯流しで賑わいます。地蔵菩薩の縁日は24日で、湖国近江では8月23日~8月24日に各地で地蔵尊の供養が行なわれます。フィナーレを飾る万灯流しも見事です。

住民手づくりの「つくりもの」に注目

弘仁8年(817年)、大干魃(だいかんばつ)の際に、最澄(伝教大師)が醒井で降雨を祈願するために刻んだと伝わる地蔵菩薩が醒井地蔵(実際には鎌倉時代後半の作と推定されています)。
安置される地蔵堂は慶長13年(1608年)、大垣藩主・石川家成(いしかわいえなり=石川数正の叔父)が病気全快を感謝して創建したもの(後に再建されています)。

『醒井地蔵まつり』の一番の見どころは、住民手づくりの「つくりもの」。
一説によると、江戸時代、醒井では地蔵盆に曳山を巡行していましたが、曳山の代わりとして、「変装行列」や「つくりもの」が作られるようになり、その年々に流行しているものなど、時代を映すような「つくりもの」が、今も地域の伝統として伝えられているのです。
町内ごとに知恵と手間をかけての傑作が並びます。

『醒井地蔵まつり』のフィナーレは、万灯流しです。
梅花藻が生える地蔵川を灯篭が流れますが、川面に灯籠の灯が映えてなかなかの絶景を生み出します。

地蔵菩薩の縁日(24日)は、平安時代に隆盛し、鎌倉時代に定着しました。
お盆に近い旧暦7月24日は地蔵盆。
これを新暦に直して8月24日に行なうのが醒井の地蔵盆です。
『木之本地蔵大縁日』など、湖国・北近江では地蔵信仰を背景に、そんな地蔵縁日(地蔵盆)が今の根付いているのです。

醒井地蔵まつり(地蔵盆)|米原市
開催日時 8月23日~8月24日18:00~
所在地 滋賀県米原市醒井
場所 中山道醒井宿
電車・バスで JR醒ヶ井駅から徒歩5分
ドライブで 北陸自動車道米原ICから約2.5km
問い合わせ 米原観光協会 TEL : 0749-58-2227
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
梅花藻ライトアップ

梅花藻ライトアップ|米原市|2019

2019年8月2日(金)〜8月12日(月)19:30~20:30、滋賀県米原市醒井(さめがい)の地蔵川周辺で『梅花藻ライトアップ』が行なわれます。梅花藻(ばいかも)は、水温が年間を通して14℃前後の清水に群生する多年草の水草で、梅に似た白

木之本地蔵大縁日

木之本地蔵大縁日|長浜市

毎年8月22日〜8月25日9:00〜22:00(8月22日は17:00~22:00)、滋賀県長浜市木之本の木之本地蔵院(浄信寺)で『木之本地蔵大縁日』が行なわれます。地蔵坂や北国街道沿いには150店ほどの露店が並び、例年10万人の参詣者で賑

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ