三井寺・大門(仁王門)

三井寺は正式には長等山園城寺(おんじょうじ)といい、天台寺門宗の総本山。大門(仁王門)は、三井寺中院の表門で両脇の仁王像が山内を守護しています。入母屋造り、桧皮葺きの楼門で駐車場に面して(東側を向いて)建っています。参拝順路では、この門が入口ということになります。

仁王像が山内を守護する大門

三井寺(園城寺)の寺伝によると、1452(宝徳4)年に建立された古刹・常楽寺(甲賀郡石部町)の門だったものを豊臣秀吉が伏見に移し、1601(慶長6)年に徳川家康により現在地に移築、寄進されたものと伝えられ、国の重要文化財に指定されています。

三井寺・大門(仁王門) DATA

名称 三井寺・大門(仁王門)/みいでら・だいもん(におうもん)
所在地 滋賀県大津市園城寺町246
公式HP 三井寺
電車・バスで 京阪石山坂本線三井寺駅から徒歩12分
ドライブで 名神高速道路大津ICから約3.5km
駐車場 350台(園城寺駐車場)/有料
問い合わせ TEL:077-522-2238
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

大津・琵琶湖畔に泊まるなら、公共の宿も狙い目!

2018.07.31

取材班おすすめ! 大津に泊まるならリゾートホテルに予約を!

2018.07.31

三井寺

2017.08.17

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ