三井寺唐院・潅頂堂

三井寺唐院は開祖となる円珍(智証大師)の廟所として、もっとも神聖な場所。円珍(智証大師)が入唐求法の旅で持ち帰った経典類を納めたことにより、唐院の名が付いたのです。大師堂と四脚門にはさまれて建つ潅頂堂(かんちょうどう)は、密教を伝承する道場となり、大師堂の拝殿としての役割を担う堂になっています。

伝法灌頂の道場

唐院は868(貞観10)年に下賜された仁寿殿を移築し、円珍が唐よりもたらした経巻や法具類をおさめ、伝法灌頂の道場としたのが始まり。
秀吉が堂舎を破却した後、慶長の再興の際に、金堂正面参道西側に、奥から直線状に大師堂、唐門、灌頂堂、唐門を配しました。

潅頂堂は、伝法灌頂の道場として密教では重要な場所。阿闍梨という位を授けられるとういう神聖な場所になっています。
潅頂堂は、桃山時代建築の桧皮葺入母屋造りで、国の重要文化財に指定されています。
 

三井寺唐院・潅頂堂 DATA

名称 三井寺唐院・潅頂堂/みいでらといういん・かんちょうどう
所在地 滋賀県大津市園城寺町246
関連HP 三井寺
電車・バスで 京阪石山坂本線三井寺駅から徒歩12分
ドライブで 名神高速道路大津ICから約3.5km
駐車場 350台(園城寺駐車場)/有料
問い合わせ TEL:077-522-2238
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

大津・琵琶湖畔に泊まるなら、公共の宿も狙い目!

2018年7月31日

取材班おすすめ! 大津に泊まるならリゾートホテルに予約を!

2018年7月31日

三井寺

2017年8月17日

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ