隠岐モーモードーム

1221(承久3)年に起こった承久の乱により隠岐に流された後鳥羽上皇(後鳥羽法皇)を慰めるために始まったと伝えられるのが隠岐の「牛突き」。隠岐国分寺横に造られた屋根付き闘牛場「隠岐モーモードーム」では天候に左右されることなく「牛突き」が見学できます。

「牛突き」「観光牛突き」が行なわれるドーム型牛突き場

突き牛は2~6歳の雄の和牛で、角と角とを突き合わせ、闘争心を失って逃げ出した方が負け。
横綱クラスになると体重が1000kgを超えるのだとか。
「時には一時間以上続く大熱戦もある」とのこと。

隠岐モーモードームでは「観光牛突き」を開催していますが(日程は隠岐の島町観光協会に問い合わせを)、ルールは年3回の本場所とは異なり、「引き分け」で終了。
ドーム内には「牛突き資料館」も併設し牛突きの写真や化粧回しなどが展示されています。

年3回の本場所は、初場所は1月初旬に、春場所はゴールデンウィークに、夏場所(旧西郷町の牛突き習俗)はお盆(8月中旬)に各1日だけ開催。
牛突き大会は各場所によって会場が変わるのでご注意。
 

隠岐モーモードーム DATA

名称 隠岐モーモードーム/おきもーもーどーむ
所在地 島根県隠岐郡隠岐の島町池田風呂前19-1
関連HP 隠岐の島町観光協会公式ホームページ
電車・バスで 西郷港(ポートプラザ)から隠岐一畑交通バス五箇・福浦行きで17分、国分寺前下車、すぐ
ドライブで 西郷港から約4km
駐車場 20台/無料
問い合わせ TEL:08512-2-6733
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

こちらもどうぞ