海中展望船ジーラ

海中展望船ジーラ

佐賀県唐津市、呼子港のマリンパル呼子を出航し無人島の鷹島まで、約40分かけて往復する半潜水型の船が海中展望船ジーラ。捕鯨の盛んであった呼子にちなんで、船が航行するとかわいいクジラが海上を泳いでいるように見えるユニークなデザインの船で、船体が青いのが「ジーラ」(「ブルージーラ」)、ピンク色が「ピンクジーラ」。

無人島の鷹島周辺の海中を探勝

海面下1.2mにある船窓から眺める海の中は美しく、自然のままに泳ぐ魚の姿はやはり水族館とは違う迫力を感じることができます。
優美な呼子大橋や玄海灘の島々が刻一刻とその角度を変える、船上デッキからの景観も楽しみのひとつ。
海中展望遊覧船で就航する「ピンクジーラ」は、外装の色がピンクなのと、舵をとる船長が女性という以外には、違いはないが、何故かピンクジーラの方が人気があるのだとか。
マリンパル呼子からは七ツ釜遊覧船「イカ丸」も出航。

名称 海中展望船ジーラ/かいちゅうてんぼうせんじーら
所在地 佐賀県唐津市呼子町呼子
関連HP 海中展望船ジーラ公式ホームページ
電車・バスで JR唐津駅から昭和バス波戸岬行き、または呼子フェリー発着所行きで30分、呼子下車、すぐ
ドライブで 西九州自動車道(福岡前原道路)前原東ICから約41km
駐車場 市営臨港駐車場(129台/有料)
問い合わせ マリンパル呼子 TEL:0955-82-3001/FAX:0955-82-5546
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
七ツ釜遊覧船イカ丸

七ツ釜遊覧船イカ丸

佐賀県唐津市、唐津から呼子方面に15kmほど、玄海灘に突き出る土器崎(かわらけざき)の先端にある景勝地が七ツ釜(国の天然記念物)。玄海灘の荒波の侵食でできた玄武岩の海蝕洞で、まるで竈(かまど)のように7つ並んでいることがその名の由来。マリン

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ