縮景園『もみじまつり』(紅葉ライトアップ)|広島市|2019

縮景園『もみじまつり』(紅葉ライトアップ)

2019年11月22日(金)〜12月1日(日)、広島県広島市の縮景園で『もみじまつり』(紅葉ライトアップ)が行なわれます。縮景園は初代広島藩主・浅野長晟(あさのながあきら)が別邸に築いた大名庭園。「泉水の灯り」というサブタイトルが付いているように作庭当初は「お泉水」(せんすい)と呼ばれていました。

大名庭園の紅葉が見頃に

縮景園『もみじまつり』(紅葉ライトアップ)

縮景園は、2020年に築庭400年という歴史ある大名庭園。
濯纓池(たくえいち)と呼ばれる大きな池の周囲のモミジ、カエデなどがライトアップされます。

茶の花が香る11月は、園内のモミジ、カエデ、ハゼ、ケヤキが色づく季節(紅葉の見頃は例年11月中旬〜11月下旬)。

縮景園『もみじまつり』(紅葉ライトアップ)|広島市|2019
開催日時 2019年11月22日(金)〜12月1日(日)
所在地 広島県広島市中区上幟町2-11
場所 縮景園
関連HP 縮景園公式ホームページ
電車・バスで JR広島駅から徒歩15分
ドライブで 山陽自動車道広島ICから約8km
駐車場 21台/有料
問い合わせ TEL:082-221-3620/FAX:082-221-0515
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

縮景園

国の名勝に指定される縮景園は、広島藩主・浅野長晟(あさのながあきら)が1620(元和6)年に造園した大名庭園(別邸の庭園)。作庭は茶人としても知られる家老の上田宗箇。中国きっての景勝地として知られる西湖(現・浙江省杭州市)を模して縮景した池

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ