千光寺新道

千光寺新道

広島県尾道市は、大林宣彦監督の尾道三部作で知られるロケの町。宝土寺裏手にある階段が続く細い路地が千光寺新道で、尾道水道側からアプローチすると渡場通りから山陽本線を越え、一気に千光寺山に向かって登る雰囲気に。階段の横は石垣や板塀でなかなか風情があります。大林宣彦監督の映画『転校生』(昭和57年)のロケ地。

坂道の横には「天春の石垣」も

千光寺新道

大林宣彦監督が尾道を舞台に撮影した映画『時をかける少女』(昭和58年)、映画『『さびしんぼう』(昭和60年)とともに尾道三部作のひとつ映画『『転校生』。
男女が入れ替わった斉藤一夫(尾美としのり)と転校生・斉藤一美(小林聡美)が通学路で立ち話をするシーンはここで撮影されています。
千光寺新道から市街地をまっすぐ見下ろした風景は観光ポスター、観光パンフレットにも採用されています。

ちなみに道の名は、新しく作られた千光寺への道に由来し、大正時代の尾道で乾物商を営んでいた天野春吉が私財を投じて造った石垣の道です。
千光寺新道脇の高さ15m、幅40mの石垣は「天春の石垣」と呼ばれていますが、 天野春吉の茶園(さえん=茶室が設けられた別荘)があったことに由来。
「ワシが死んでも天野の名とともに石垣は残る」と語っていたそうです。
千光寺新道の途中の路地を入ったところには、志賀直哉の旧宅も。

千光寺新道
天春の石垣
名称 千光寺新道/せんこうじしんどう
所在地 広島県尾道市東土堂町
電車・バスで JR尾道駅から徒歩15分
駐車場 なし/市役所庁舎南駐車場など周辺の有料駐車場を利用
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
尾道・れんが坂

尾道・れんが坂

坂の町として知られる、広島県尾道市には尾道水道から山側に上る美しい坂道や小路が数多いのですが、そのほとんどが無名のもの。れんが坂は数少ない名前のある坂道。西國寺と映画『転校生』(昭和57年)のロケ地としても有名な御袖天満宮を結ぶ散策ルートの

御袖天満宮

御袖天満宮

延喜元年(901年)、讒言(ざんげん)で流刑になった菅原道真が大宰府(だざいふ)に向かう途中で立ち寄ったのが尾道。地元の人々に親切にされたことに感謝して残した着物の片袖を御神体にしたと伝える神社が御袖天満宮(みそでてんまんぐう)です。本殿前

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ