四本龍寺・観音堂

四本龍寺・観音堂

天平神護2年(766年)、日光開山の祖である勝道上人(しょうどうしょうにん)が大谷川を渡り草案を築いたのが日光山開山の始まり。そのルーツとなるのが輪王寺境内、神橋に近い四本龍寺です。観音堂は、大同2年(807年)、下野国司・橘利遠(たちばなとしどう)が建立したのが始まり。日光で最も歴史あるお堂です。

日光山で最初に建てられた堂

四本龍寺・観音堂

現存する観音堂は貞享元年(1684年)の大火で焼失後、再建された建物。
日光山で唯一の白木造りで国の重要文化財に指定されるほか、世界文化遺産「日光の社寺」の構成資産になっています。

本尊に千手観音、脇尊に不動明王、五大尊、勝道上人を奉安。
神仏分離令後の明治7年、金剛童子を祀ったことから金剛堂とも呼ばれ、扁額も金剛山になっています。
下野三十三観音札所めぐりの第3番札所にもなっています(2番は、日光金谷ホテル隣接の鉢石山観音寺、4番は星顕山如来寺)。

御朱印は輪王寺大護摩堂で(墨書は「旧本宮 四本龍寺 千手観世音 日光山輪王寺」)。

勝道上人は四本龍寺に隣接する土地に男体山(二荒山)の神を祀っていますが、現在、本宮神社(日光二荒山神社の別宮)と呼ばれる社地がこれにあたり、二荒山神社の起こりとなったもの。

名称 四本龍寺・観音堂/しほんりゅうじ・かんのんどう
所在地 栃木県日光市山内2300
関連HP 輪王寺公式ホームページ
電車・バスで 東武日光駅から東武バス世界遺産めぐりで、神橋もしくは西参道下車、徒歩5~10分
ドライブで 日光宇都宮道路日光ICから約3.7km
駐車場 100台/有料
問い合わせ 輪王寺 TEL:0288-54-0531
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
四本龍寺・三重塔

四本龍寺・三重塔

世界文化遺産「日光の社寺」を構成する二社一寺(日光東照宮、日光二荒山神社、日光山輪王寺)のルーツとなるのが、神橋近く、日光山内の高台に位置する四本龍寺(しほんりゅうじ)。その境内に聳える三重塔は、国の重要文化財(登録は輪王寺・三重塔)で、世

四本龍寺

四本龍寺

栃木県日光市の日光山内にある二荒山(日光山)発祥となる寺が四本龍寺(しほんりゅうじ)。天平神護2年(766年)、日光開山の祖である勝道上人(しょうどうしょうにん)が大谷川の激流を渡り開山した、輪王寺の前身となる寺(創建時は紫雲龍寺/現在は輪

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ