三原山・ゴジラ岩

三原山・ゴジラ岩

東京都大島町、噴煙上げる三原山の火口の一角、三原神社上社近くにある奇岩がゴジラ岩。昭和59年公開の、ゴジラシリーズの第16作となる映画『ゴジラ』のラストシーンは、三原山火口に落ちるゴジラ。17作『ゴジラvsビオランテ』は三原山から復活、ということで伊豆大島・三原山火口は「ゴジラの聖地」にもなっているのです。

ゴジラゆかりの三原山火口にある奇岩

三原山・ゴジラ岩
御神火茶屋、伊豆半島を借景に、ゴジラ登場!

ゴジラ岩は、カルデラ周廻線火口一周コース(三原山お鉢巡りコース=砂利道)の一角にあるので、火口ハイキングの途中に見学できます。
三原山頂口(御神火茶屋)から山頂遊歩道(舗装道)で、三原神社上社へ。さらに反時計回りに火口一周コースを歩けば、すぐの場所です。
ゴジラ岩は、昭和61年11月の割れ目噴火で生まれたもの。

三原山火口は戦前、「三原山病患者」といわれるほど自殺者、未遂者が多かったのですが、水爆実験で蘇った怪獣・ゴジラがそれを払拭し、今では『ゴジラ』ファンの聖地になっているのです。

ちなみに、昭和29年11月3日公開の映画『ゴジラ』1作目では、小笠原諸島に出現。
キャッチコピーは「水爆大怪獣映画」、「ゴジラか科学兵器か驚異と戦慄の一大攻防戦!」、「放射能を吐く大怪獣の暴威は日本全土を恐怖のドン底に叩き込んだ!」。
海底の洞窟に潜んでいたゴジラが度重なる水爆実験で安住の地を追われ、東京に上陸、破壊の限りを尽くすというストーリーで、東京湾を周遊中の東海汽船の納涼船「橘丸」(昭和10年に就航した2代目)も登場しています。

三原山・ゴジラ岩
名称 三原山・ゴジラ岩/みはらやま・ごじらいわ
所在地 東京都大島町野増
関連HP 東京都大島支庁公式ホームページ
問い合わせ 大島町観光課 TEL:04992-2-1446
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
三原山・割れ目噴火口

三原山・割れ目噴火口

東京都大島町、100万年前の海底火山の爆発で誕生したという伊豆大島ですが、昭和61年11月21日、外輪山北西山腹で起こった三原山の割れ目噴火で誕生した火口列が、割れ目噴火口(1986年C火口列)。ここから流出した溶岩流が、伊豆大島最大の町で

三原山・山頂口展望台

三原山・山頂口展望台

伊豆大島(東京都大島町)で活発な噴火活動を続ける三原山。山頂部は、剣ヶ峰(749m)と三原新山(758m)からなる内輪山、外輪山、そして広大な火口原から成り立っています。山頂口展望台は、内輪山を取り囲む直径3~4kmの外輪山の元町側の頂にあ

もく星号遭難の地

もく星号遭難の地

伊豆大島(東京都大島町)、三原山の裏砂漠の第1展望台近くにあるのが「もく星号遭難の地」。戦後間もない昭和27年4月9日、羽田飛行場を飛び立った日本航空301便「もく星号」は、暴風雨と濃霧のなか、三原山噴火口の東側1Kmの御神火茶屋付近に墜落

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ