羽伏浦展望台

羽伏浦展望台

東京都新島村(にいじまむら)、新島東岸、新島の中央部に南北6.5kmに渡って続く白砂のロングビーチが羽伏浦(羽伏浦海岸)。その美しい海岸線を北側から一望にするのが羽伏浦展望台。羽伏浦漁港に向う新島本道沿いに展望台、展望塔が設置されています。

晴れた日には、三宅島まで眺望

羽伏浦展望台
羽伏浦展望台の展望塔

標高は20mほどですが、立派な展望塔が建っていて、羽伏浦海岸から、北の白ママ断崖、新島南端・神渡鼻沖の早島(はんしま=早島火山の溶岩円頂丘)を眺望します。
さらに快晴なら早島の左に三宅島を眺望し、その絶景ぶりから、羽伏浦海岸として新東京百景(昭和57年、東京都が選定)にも選ばれています(新島では唯一選定、新島村内では式根島の神引展望台が選定されています)。

若郷とを結ぶ東京都道211号若郷新島港線は、平成15年に完成した平成新島トンネルが抜けているので、羽伏浦展望台は旧道でのみアプローチ可能。
ただし、この旧道も行き止まりなので、若郷方面へは平成新島トンネルを利用することに(平成新島トンネルは自動車専用で、若郷方面へ県道経由で徒歩、自転車で行くことはできません/村営ふれあいバスを利用)。

羽伏浦展望台
低い雲(地形雲)が垂れ込めている場所が三宅島
羽伏浦展望台
名称 羽伏浦展望台/はぶしうらてんぼだい
所在地 東京都新島村桧山
関連HP 新島観光協会公式ホームページ
電車・バスで 新島空港からタクシーで10分、新島港からタクシーで10分
ドライブで 新島港から約5.8km
駐車場 5台/無料
問い合わせ 新島観光協会 TEL:04992-5-0001/FAX:04992-5-0946
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
神引展望台

神引展望台

東京都新島村式根島、島の西岸、カンビキ浦の南に位置し、標高98.8mの神引山(かんびきやま)にある展望台が神引展望台。新東京百景に選ばれた展望は、伊豆七島屈指の絶景。式根島の特徴であるリアス式の海岸を眼前に、伊豆大島、神津島、三宅島などを一

羽伏浦海岸

羽伏浦海岸

東京都新島村、南北に細長い新島の東海岸の大部分を占めるのが羽伏浦海岸(はぶしうらかいがん)。伊豆七島屈指の美しい海岸で、真っ白な砂浜が南北に6.5kmにもわたって続いています。この白砂は、火山島・新島特産のコーガ石(抗火石)が粉になったもの

富士見峠展望台

富士見峠展望台

東京都新島村本村、新島の本村から宮塚山(432m)の山上へと登る車道の途中、標高260m地点のヘアピンカーブ部分にあるのが富士見峠展望台。南に本村、前浜、向山、地内島(無人島)、式根島、神津島を眺める絶景スポットで、晴れていれば北北西に富士

石山展望台(向山展望台)

石山展望台(向山展望台)

東京都新島村、新島の本村の南側、向山(むかいやま/大峯、石山、丹後山などがあります)にある展望地が石山展望台(向山展望台)。新島は、海底火山の噴火によってできた火山島で、南部の向山は溶岩ドーム群で、展望台近くにはコーガ石(抗火石)の採掘場が

大峰展望台

大峰展望台

東京都新島村、新島の南部、向山(むかいやま)の最高峰・大峯(300.8m)の中腹にあるのが大峰展望台。新島の展望台としては珍しく、島の東西の海、両方を眺めることができます。向山にある大峯、石山、丹後山などのピークは、仁和2年(886年)の火

渡浮根展望台

渡浮根展望台

東京都新島村、新島の北部、若郷地区にあるは若郷漁港(渡浮根漁港)背後の高台にある展望地が渡浮根展望台。コーガ石でできたアーチが設けられ、眼下に若郷漁港(渡浮根漁港)を見渡し、その先におにぎり型の利島を見ることができます。新島随一の良港は、マ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ