羽村取水堰

羽村取水堰

東京都羽村市にある多摩川河口から53.9kmに位置する堰が羽村取水堰(はむらしゅすいせき)。玉川上水の取水口で、左岸側(上流から見て)にある全長380mの投渡堰(なげわたしぜき)と、右岸側の固定堰で構成される世界的にも珍しい堰です。現在の堰は明治44年改築(大正13年増築)のコンクリート製。

投渡堰と固定堰の間には「筏通し場」が現存!

もともとは承応3年(1654年)、玉川上水開削時に設置されたのが始まりで、当初の堰は木製だったため、洪水で流されたりしていました。
江戸時代には蛇籠(じゃかご=竹で編んだ籠の中に砕石を詰め込んだもの)と木製の投渡堰で水を誘導し、水を取り込み、現在、阿蘇神社が鎮座する下に長さ2間半、幅2間2尺の三角枠が3ヶ所設けられていました。

現在は、投渡堰と固定堰で多摩川の水を堰き止め、第一水門で取水し、30m離れた第二水門で水量を調節(間にある小吐水門から余分な水、土砂を多摩川に戻しています)。
さらに500m下流の第三水門から地下導水管で、村山貯水池(多摩湖)、山口貯水池(狭山湖)に運ばれ、東村山浄水場(東村山市)などで浄水されます。

投渡堰は、多摩川に支柱を立て、鉄の桁を渡し、桁に投渡木(なぎ)と呼ばれる丸太を渡し、細い木の枝を束ねた粗朶(そだ)、砂利を敷き並べたもので、国内ではこの羽村取水堰が唯一の例で、投渡堰の技術を後世に伝承しています。

投渡堰と固定堰にあるスロープは、かつて多摩川で木材の筏流しが行なわれていた時代の「筏通し場」の跡です。
現存する「筏通し場」は、享保6年(1721年)に設置。
明治時代には筏1枚につき16文を徴収し、堰の維持管理に充当していました。
現在、魚道が固定堰側に築かれているのも、この「筏通し場」を保存するため。

また水門脇を流れる多摩川には、水門側の土手を壊さないために土手から斜めに多摩川に突き出した「出し」が9ヶ所設置され、川の流れを弱めています。

土木学会選奨の土木遺産にもなっています。

羽村取水堰
少し離れた場所にある第三水門
羽村取水堰
名称 羽村取水堰/はむらしゅすいせき
所在地 東京都羽村市羽東3-8-32
関連HP 東京都水道局公式ホームページ
電車・バスで JR羽村駅から徒歩10分
ドライブで 圏央道日の出ICから約4.5km
駐車場 8台/無料
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
村山貯水池(多摩湖)

村山貯水池(多摩湖)

東京市の人口増加に対応した水源確保のため、狭山丘陵の谷を活かして昭和2年に完成したダム湖。多摩川の水を羽村取水堰(はむらしゅすいせき)で取り入れ、導水管にて村山貯水池に導いて貯水しています。ダム湖百選、近代水道百選、土木学会選奨土木遺産、村

狭山湖

山口貯水池(狭山湖)

狭山湖は、正式には山口貯水池といい、昭和9年に東京都の水源確保のために東京都と埼玉県にまたがる狭山丘陵を利用して造られたアースダム形式の貯水池。多摩川の水を小作取水堰、羽村取水堰から水を取り入れ、東京都側にある村山貯水池(多摩湖)と連絡管で

玉川上水羽村陣屋跡

玉川上水羽村陣屋跡

東京都羽村市にある玉川上水を管理するために江戸時代に設置された陣屋跡が玉川上水羽村陣屋跡。多摩川から羽村取水堰で取水する玉川上水が承応2年(1653年)に完成し、羽村取水堰(堰と水門)と玉川上水(水路)を管理する水番所として開設されたもの。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ