雲見の滝

雲見の滝

島根県雲南市、松江自動車道の高瀬山トンネルの西側、高瀬山(445.9m)の西麓に落ちる滝が雲見の滝。雲見の滝は、雄滝(落差30m)と雌滝(落差20m)からなり、島根県の名勝天然記念物に指定されています。滝の名は、大昔、滝に棲む龍が天に昇ろうと、岩の上で雲の通るのを待ちこがれて雲を見上げたという伝説に由来。

駐車場から遊歩道が整備されている

雲南市道多久和六重線沿いの駐車場から雲見の滝まで300mほどの遊歩道が整備されています。
途中、屏風岩(高さ100m、幅150m)と呼ばれる大岩などを観賞可能。
うっそうとした雑木林におおわれ、渓流にはカジカガエルも棲息。

名称 雲見の滝/くもみのたき
所在地 島根県雲南市三刀屋町六重
関連HP 雲南市公式ホームページ
電車・バスで JR出雲市駅からタクシーで40分
ドライブで 松江自動車道三刀屋木次ICから約9km
駐車場 15台/無料
問い合わせ 雲南市産業観光部 TEL:0854-40-1054
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ