村山貯水池(多摩湖)・第一取水塔

村山貯水池(多摩湖)・第一取水塔

東京都東大和市と埼玉県所沢市にまたがる狭山丘陵を利用して造られたアースダム形式の貯水池が、村山貯水池(多摩湖)。東京市の水道事情の切迫を背景に、村山上貯水池(大正13年完成)、村山下貯水池(昭和2年)を築いたもので、村山下貯水池の第一取水塔は、東京都選定の歴史的建造物に選定。

「日本一美しい取水塔」とも

村山貯水池(多摩湖)・第一取水塔

大正14年に完成した第一取水塔は、高さが27.1m、外径8.8m、ドーム屋根、アーチ窓でアクセントをつけたタイル張りの外壁で、村山貯水池(多摩湖)のシンボル的存在(設計は、玉置岩男)。
その大部分が水面下にあり、7口ある取水口はまったく見ることができません。
管理用のトラス橋で陸側と結ばれています。

建物入口には、明治22年12月の東京市会で市のマークとして決定された紋章(太陽を中心に六方に光が放たれている様を表現)が付いています(昭和18年の東京都制施行に際し、東京都の紋章に)。

取水した水は境浄水場へと送られていましたが、昭和35年からは東村山浄水場に送水されています。

第二取水塔もよく似たフォルムですが、昭和48年の完成、第2村山線を通して東村山浄水場へ送水。

戦時中は、水源を空襲から守るため、堰堤に玉石を2.5mほどかさ上げし、さらにコンクリートで固めた耐弾層を設け、コールタールを塗って爆撃機から堰堤と分からないように偽装工作、湖畔に高射砲(防空第六連隊独立高射砲第二大隊の山口高射砲陣地=狭山富士の北側、狭山湖の半島部)が設置するという防御体制をとっていましたが、それでも昭和20年4月から終戦までの間に5回の空襲を受け(4月4日に焼夷弾と250キロ爆弾50発が投下、5月25日には取水塔めがけて爆撃)、第一取水塔には爆撃の痕跡が残されています。

村山貯水池(多摩湖)・第一取水塔は、「日本一美しい取水塔」とも呼ばれていますが、金町浄水場の取水塔の第二取水塔(トンガリ帽子の屋根で有名、昭和16年完成)とともに、被写体としても人気です。
第一取水塔は湖畔に整備された都立狭山公園からトラス橋で結ばれているので、散策途中の見学にも絶好です。

村山貯水池(多摩湖)・第一取水塔
入口上部には東京市(現・東京都)の紋章が
村山貯水池(多摩湖)・第一取水塔
名称 村山貯水池(多摩湖)・第一取水塔/むらやまちょすいち(たまこ)・だいいちしゅすいとう
所在地 東京都東大和市多摩湖4-644
電車・バスで 西武多摩湖線武蔵大和駅から徒歩15分
ドライブで 関越自動車道所沢ICから約13km
駐車場 都立狭山公園駐車場(13台/無料)
問い合わせ 東大和市産業振興課商工観光係 TEL:042-563-2111
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
村山貯水池(多摩湖)

村山貯水池(多摩湖)

東京市の人口増加に対応した水源確保のため、狭山丘陵の谷を活かして昭和2年に完成したダム湖。多摩川の水を羽村取水堰(はむらしゅすいせき)で取り入れ、導水管にて村山貯水池に導いて貯水しています。ダム湖百選、近代水道百選、土木学会選奨土木遺産、村

東京都水道歴史館

東京都水道歴史館

東京都文京区、東京都水道局の本郷給水所(配水池の上は本郷給水所公苑)に隣接するのが、東京都水道歴史館。東京都水道局本郷庁舎2号館にある施設で、西新宿から移設され、平成7年4月15日開館。徳川家康の関東入封に始まる江戸・東京の水道の歴史、近代

本郷給水所公苑

本郷給水所公苑

東京都文京区、東京都水道局の本郷給水所の配水池の上を公園化したのが、本郷給水所公苑。南側は、武蔵野の雑木林をイメージした和風庭園、北側がシンメトリー(左右対称)にデザインされた洋風庭園で、バラ園もあり、春バラ、秋バラの際には300株のバラが

狭山湖

山口貯水池(狭山湖)

狭山湖は、正式には山口貯水池といい、昭和9年に東京都の水源確保のために東京都と埼玉県にまたがる狭山丘陵を利用して造られたアースダム形式の貯水池。多摩川の水を小作取水堰、羽村取水堰から水を取り入れ、東京都側にある村山貯水池(多摩湖)と連絡管で

神田上水懸樋跡

神田上水懸樋跡

東京都文京区、神田川の中央本線が走る対岸(北岸)、文京区立元町公園近くにあるのが、神田上水懸樋跡(かんだじょうすいかけひあと)。江戸時代、東京の水道だった神田上水が神田川を越える施設が懸樋で、木樋(木製の水道管)と木橋、石樋(石製の水道管)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ