彩湖・道満グリーンパーク

彩湖・道満グリーンパーク

埼玉県戸田市、荒川を堰き止めた彩湖(荒川調節池)の東岸に整備された公園が、彩湖・道満グリーンパーク。公園面積66.7haを誇る戸田市の市営公園で、バーベキューガーデン、道満ドッグラン、道満河岸つり場、各種のスポーツ施設、彩湖自然学習センター、ピクニック広場などが整備されています。

彩湖(荒川調節池)の東岸の荒川河川敷が広大な公園に

彩湖・道満グリーンパーク
彩湖(荒川調節池)と東京外環自動車道の幸魂大橋(さきたまおおはし)

彩湖(荒川調節池)の東岸は、戸田市の西端で、アシの茂る荒川の河川敷を整備して、道満グリーンパークを造成したもの。

ドッグランは、利用者のアンケートの結果で開設された芝生のドッグラン(定休日に注意)。


スポーツ施設は、テニスコート、ソフトボール場、野球場、サッカー場、陸上競技場などが完備。
北端、さいたま市寄りにあるピクニック広場の荒川側は、戸田ヶ原自然再生エリアになっています。
南端は、東京外環自動車道の美しい斜張橋、幸魂大橋(さきたまおおはし)で、公園の風景にアクセントを添えています。

国道298号に隣接する他、外環道の戸田西ICからも利用でき、車での立ち寄りも便利。
駐車場も北、中央、南、南2と4ヶ所整備されています。

彩湖・道満グリーンパークの北側(彩湖北岸)は、公園面積15haの荒川彩湖公園(さいたま市桜区)で、武蔵野線を隔てて国の特別天然記念物の田島ヶ原サクラソウ自生地(桜草公園)があります。

彩湖・道満グリーンパーク

道満河岸金魚つり場は、旧荒川の船着き場跡

彩湖・道満グリーンパーク
道満河岸金魚つり場は、道満河岸の跡

道満河岸つり場は、荒川の旧河川の一部を利用してつくられた釣り場で、へら鮒つり場、金魚つり場に分かれ、金魚つり場のある場所は、荒川舟運の道満河岸(船着き場)、そして道満の渡しの跡(河岸があったのはかつての内谷村)。

道満河岸は県道蕨志木線の扱いで、県営渡船(道満の渡し=蕨方面と志木・川越方面とを結ぶ交通路)が発着する県営船着場でもあったのです。
道満河岸は、対岸に地蔵堂があったことから地蔵河岸、地蔵木河岸とも呼ばれていました。

道満河岸には船宿が2軒営業していましたが、荒川改修工事で、新荒川が完成し、道満河岸一帯は廃川となったのです。
昭和33年、当時戸田町(現在戸田市)と美笹村が合併、戸田町観光協会はこのとき古川(道満河岸)の利用に着目し、道満河岸つり場をオープンさせ、さらに昭和44年には、道満河岸金魚つり場が開場しています。

彩湖・道満グリーンパーク
名称 彩湖・道満グリーンパーク/さいこ・どうまんぐりーんぱーく
所在地 埼玉県戸田市大字重瀬745他
関連HP 戸田市水と緑の公社公式ホームページ
電車・バスで JR西浦和駅から徒歩30分
ドライブで 東京外環自動車道戸田西ICからすぐ
駐車場 1260台/有料
問い合わせ 彩湖・道満グリーンパーク管理事務所 TEL:048-449-1550
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
彩湖(荒川調節池)

彩湖(荒川調節池)

荒川の河口から29km~32km付近、埼玉県さいたま市、戸田市一帯(笹目橋〜羽根倉橋までの一帯)に広がるのが洪水時に一時的に水を貯め、下流への流量を調整する洪水調節池の荒川調節池。埼玉県が「彩の国」とPRしていることから彩湖と名付けられてい

田島ヶ原サクラソウ自生地

田島ヶ原サクラソウ自生地(桜草公園)

埼玉県さいたま市桜区を流れる荒川の河川敷、国の特別天然記念物に指定されたサクラソウの自生地が、田島ヶ原サクラソウ自生地。荒川に架る埼玉県道79号(朝霞蕨線)の秋ヶ瀬橋近くには、サクラソウ自生地を保護するために桜草公園が整備されています。国の

荒川彩湖公園

荒川彩湖公園

埼玉県さいたま市桜区、荒川洪水時の被害に備えた彩湖(荒川第一調節池)のもっとも上流側、JR武蔵野線沿いにある園地が、荒川彩湖公園。JR武蔵野線の北側(荒川の上流側)は、国の特別点検記念物に指定される田島ヶ原サクラソウ自生地(桜草公園)です。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ