『ちいさい秋みつけた』歌碑

『ちいさい秋みつけた』歌碑

東京都三鷹市、井の頭恩賜公園の井の頭池の畔に立つのが、『ちいさい秋みつけた』歌碑。童謡『ちいさい秋みつけた』(作詞・サトウハチロー、作曲・中田喜直)の作曲をした中田喜直(なかだよしなお)は、終戦直後の昭和20年代、三鷹で暮らし、井の頭池を散策中にメロディーを考案したのです。

ボニージャックスの歌唱で有名な『ちいさい秋みつけた』

昭和30年、NHKの特別番組『秋の祭典』の楽曲として作曲され、伴久美子がソロで歌ったのが『ちいさい秋みつけた』。
その後、ボニージャックスの歌唱でレコーディングされ、LP『サトウハチロー童謡集』に収録され、『第4回日本レコード大賞』で童謡賞を受賞。
NHK『みんなのうた』などで広まっていきました。

『ちいさい秋みつけた』歌碑は、中田喜直の生誕90周年を記念して三鷹市が「中田喜直歌碑建立実行委員会」を設立、寄附金を募って平成25年に建立。
ピアノをモチーフにした立派な歌碑には、『ちいさい秋みつけた』の歌詞が刻まれています。

中田喜直は、『ちいさい秋みつけた』、『めだかの学校』、『夏の思い出』、『雪の降るまちを』などの名曲を世に出しています。
中田喜直の父は『早春賦』で知られる作曲家の中田章。

『ちいさい秋みつけた』を作詞したサトウハチローは、自宅の庭に植えられたハゼの木の紅葉を見て創作。
自宅は岩手県北上市のサトウハチロー記念館に移築され、はぜの木は文京区の礫川公園(れきせんこうえん)に平成13年に移植されています。

中田喜直関連の歌碑では、『雪の降るまちを』モニュメントが山形県鶴岡市の鶴岡公園に、歌碑が鶴岡駅前とあつみ温泉「萬国屋」にあります。

『ちいさい秋みつけた』歌碑
名称 『ちいさい秋みつけた』歌碑/『ちいさいあきみつけた』かひ
所在地 東京都三鷹市井の頭4-1
関連HP 井の頭恩賜公園公式ホームページ
電車・バスで JR吉祥寺駅から徒歩5分
ドライブで 首都高速高井戸ランプから約6.2km
駐車場 60台/有料
問い合わせ 井の頭恩賜公園案内所 TEL:0422-47-6900/FAX:0422-47-9371
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
井の頭恩賜公園

井の頭恩賜公園

東京都三鷹市と武蔵野市にまたがる都立公園が、井の頭恩賜公園(いのかしらおんしこうえん)。大正2年5月1日、日本最初の郊外公園として開園。神田上水の水源、神田川の源流ともなる湧水池の井の頭池を中心に、武蔵野の面影を残す公園で、日本さくら名所1

井の頭池

井の頭池

東京都三鷹市、井の頭恩賜公園の中核をなす池が、井の頭池。江戸入府後の徳川家康が、鷹狩の際に湧水を気に入り、神田上水の水源にしたという池で、今も両国橋脇で隅田川に合流する神田川(流路延長24.6km)の源流になっています。現在では、井の頭恩賜

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ