円通寺・旧上野の黒門

円通寺・旧上野の黒門

東京都荒川区南千住1丁目、曹洞宗の古刹、円通寺に移築されているのが、旧上野の黒門。慶応4年5月15日(1868年7月4日)の彰義隊と新政府軍が戦った上野戦争で、放置されていた彰義隊の遺骸を円通寺に葬ったことが由縁で、明治40年、当時の帝室博物館より下賜されたのが旧上野の黒門です。

上野戦争の激戦地だった寛永寺正門・黒門を移築

上野・寛永寺には上野八門と呼ばれる8ヶ所の門があり、そのうち正門にあたるのが黒門口(広小路周辺)。
黒門口、即門の団子坂、背面の谷中門で両軍が激突しましたが、もっとも激戦だったのが黒門口で、移築された黒門には数多くの銃痕が残されています。
彰義隊は徳川家康が眠る東照宮付近に本営を設置し、新政府軍は加賀藩上屋敷(現・東京大学構内)からアームストロング砲を撃ち込んでいます。
西郷隆盛指揮する薩摩藩は、黒門口から正面突破を図り、彰義隊は寛永寺本堂へ退却へと退却しますが、団子坂も破られて挟み撃ちとなって壊滅。

賊軍となった彰義隊士の遺骸は、そのまま放置されていましたが、円通寺住職・武田仏磨(たけだぶつま)と寛永寺御用商人(神田の雑貨商)・三河屋幸三郎(みかわやこうざぶろう=父は高利貸の罪で八丈島へ流され、八丈島で生誕、新政府軍とも親交がありました)が遺骸を集めて山王台(西郷隆盛銅像付近)で火葬し、円通寺に葬っています。

円通寺に移築された旧上野の黒門は、荒川区の文化財、境内にある彰義隊士の墓は、東京都の文化財に指定されています。

上野戦争
上野戦争直後、焼け野原となった上野の山(現・上野恩賜公園)

歌川芳盛が描いた上野戦争・黒門の激戦

歌川芳盛(さくら坊芳盛)が描いた浮世絵『本能寺合戦之図』(具足屋・具足屋嘉兵衛刊、明治2年)は、上野戦争の黒門の激戦を描いたもの。

上野戦争を明智光秀の織田信長を襲撃した本能寺合戦に名を借りて描いた錦絵で、新政府軍(薩摩藩の精鋭部隊)は黒門を突破し、寛永寺本坊へと迫っています。
黒門横に描かれた高台が、彰義隊士が荼毘に付された山王台で、現在は西郷隆盛像が立っている場所です。

円通寺・旧上野の黒門
名称 円通寺・旧上野の黒門/えんつうじ・きゅううえののくろもん
所在地 東京都荒川区南千住1-59-11
関連HP 円通寺公式ホームページ
電車・バスで 東京メトロ三ノ輪駅から徒歩5分。JR・東京メトロ南千住駅から徒歩10分
ドライブで 首都高速入谷ICから約2km
問い合わせ 円通寺 TEL:03-3891-1368
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
円通寺・彰義隊士の墓

円通寺・彰義隊士の墓

東京都荒川区南千住1丁目、延暦10年(791年)、坂上田村麻呂の開創と伝えられる曹洞宗の古刹、円通寺にあるのが、彰義隊士の墓。慶応4年5月15日(1868年7月4日)の彰義隊と新政府軍が戦った上野戦争で戦死した彰義隊士を埋葬した墓で、隣接し

上野恩賜公園・彰義隊戦死者碑

上野恩賜公園・彰義隊戦死者碑

東京都台東区、江戸時代には東叡山寛永寺の境内地だった上野恩賜公園、西郷隆盛像近くにあるのが彰義隊戦死者碑。慶応4年5月15日(1868年7月4日)の彰義隊と新政府軍が戦った上野戦争で戦死した彰義隊士を荼毘に付したのが、西郷像のある山王台です

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ