上賀茂伝統的建造物群保存地区

上賀茂伝統的建造物群保存地区

京都府京都市北区、上賀茂神社(賀茂別雷神社)の東側に築かれた室町時代からの歴史ある門前集落(社家町)が、上賀茂伝統的建造物群保存地区に選定。上賀茂神社の境内を流れるならの小川が明神川と名を変えて東に流れ出る一帯に、明神川沿いに上賀茂神社の神官(社司と氏人)が暮らした社家(しゃけ)が建ち並んでいます。

明神川沿いに上賀茂神社の社家が建ち並ぶ

妻飾り社家主屋とこれを囲む土塀や瓦葺きの門、さらには庭園や樹木が静寂な環境を生み出しており、2.7haが国の重要伝統的建造物群保存地区に指定。
社家は川に架けられた橋を渡って門を開きなかに入る独特の構造で、明神川の川の水は庭に取り込まれています。

社家町の機能が残されていたのは明治維新までで、明治以降は近郊農村的な性格を強めましたが、現在でもその家並みが奇跡的に残存。
建ち並ぶ50戸のうち6割が伝統的な建造物となっています。

現存する20軒ほどの社家のうち、「西村家別邸」だけは一般公開されていて、庭園や家屋を見学することが可能。
「西村家別邸」は錦部家(にしごりけ)の旧宅で、現存する社家の中で最も昔の面影をとどめる建物です。
庭園は、平安時代末期の養和元年(1181年)、上賀茂神社の神官で別雷社神主・賀茂重保(かものしげやす・藤木重保)が作庭したと伝えられる風流な庭で、「曲水の宴」のために明神川の水を取り込み、庭園に巡らせた後、明神川に戻しています。

明神川の鎮守社が上賀茂神社の末社、藤木社(ふじきのやしろ)で、樹齢500年というクスノキの大木が茂っています。

京都市内にある重伝建(伝統的建造物群保存地区)は、上賀茂(社家町)のほか、産寧坂(門前町)、嵯峨鳥居本(門前町)、祇園新橋(茶屋町)の合計4ヶ所があります。
京都府内には、さらに南丹市美山町北(山村集落)、伊根町伊根浦(漁村)、与謝野町加悦(製織町)があり、合計7ヶ所に。

上賀茂伝統的建造物群保存地区
藤木社のクスノキ
上賀茂伝統的建造物群保存地区
名称 上賀茂伝統的建造物群保存地区/かみがもでんとうてきけんぞうぶつほぞんちく
所在地 京都府京都市北区上賀茂中大路町
関連HP 京都市公式ホームページ
電車・バスで 地下鉄烏丸線北山駅から徒歩20分
ドライブで 名神高速道路京都南ICから約13km
駐車場 上賀茂神社駐車場(170台/有料)など周辺の有料駐車場を利用
問い合わせ 京都市都市計画局都市景観部景観政策課 TEL:075-222-3397/FAX:075-213-0461
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

上賀茂神社(賀茂別雷神社)

上賀茂神社は、正式名を賀茂別雷神社(かもわけいかづちじんじゃ)といい、世界遺産「古都京都の文化財」の構成資産。平安遷都以前に、京で大きな勢力を持っていた賀茂氏の祖先を祀る神社で、遷都後は賀茂御祖神社(下鴨神社)とともに王城鎮護の役割を担いま

産寧坂

産寧坂(三年坂)

京都市の東山山麓、八坂から清水寺へ通じる100mほどの石畳が三年坂と通称される坂道で、正式名は産寧坂(さんねいざか)。清水寺境内の子安観音への安産祈願の坂から付いた名といわれますが、その語呂と、転ぶと3年で死ぬなどという俗諺から「三年坂」と

伊根町伊根浦伝統的建造物群保存地区

伊根町伊根浦伝統的建造物群保存地区

京都府与謝郡伊根町、ブリ漁で知られる京都府随一の漁港、伊根。明治13年~昭和25年にはブリ景気で湧いた港町で、「伊根の舟屋」として知られる独特な景観の家並み(310.2ha、東西2650m、南北1700m)は、伊根町伊根浦伝統的建造物群保存

南丹市美山町北伝統的建造物群保存地区

南丹市美山町北伝統的建造物群保存地区

その名の通り、美しい緑の山々に囲まれた京都府南丹市美山町。なかでも北の集落は、全世帯の半数以上が茅葺き民家で、南丹市美山町北伝統的建造物群保存地区(国の伝統的建造物群保存地区)に指定されています。背後には北山杉が林立する山が迫り、茅葺きの屋

嵯峨鳥居本伝統的建造物群保存地区

嵯峨鳥居本伝統的建造物群保存地区

京都市右京区、嵯峨野の西北に位置する嵯峨鳥居本(さがとりいもと)は、室町末期頃に農林業をや川での漁を主体とした集落として開かれた地。江戸時代には愛宕大権現に参拝する愛宕詣の門前町として発展。愛宕街道に沿った長さ600m、2.6haが嵯峨鳥居

祇園新橋伝統的建造物群保存地区

京都府京都市東山区、祇園町のうち四条通の北、新橋通に沿った祇園元吉町一帯は、花街・祇園の伝統的な佇まいを残し、祇園新橋伝統的建造物群保存地区に選定。祇園はもともと祇園社(八坂神社)。の門前町として発祥した地で、正徳2年(1712年)、祇園内

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ