徳島城・下乗橋

徳島藩主・蜂須賀氏の生活空間であり、治世の場でもあった御殿への玄関口にあたるのが下乗橋(小見付橋)。内堀に架かる橋で、往時には太鼓橋でした。下乗橋の名前は、橋の前で駕籠などの乗り物から降りて歩いて渡ったことから由来。明治2年に花崗岩製の太鼓橋に、さらに明治41年に現在の水平橋に架け替えられています。

下乗橋を渡ると徳島城の正面玄関、大手門(黒門)

三木廓から下乗橋(小見付橋)を渡ると、徳島城の正面玄関にあたる大手門(黒門)です。
大手枡形の石垣のみが現存しています。

徳島城・下乗橋 DATA

名称 徳島城・下乗橋/とくしまじょう・げじょうばし
所在地 徳島県徳島市徳島町城内1
関連HP 徳島市公式ホームページ
電車・バスで JR徳島駅から徒歩5分
ドライブで 徳島自動車道徳島ICから約3km。または、神戸淡路鳴門自動車道鳴門ICから約11km
駐車場 89台(徳島中央公園東側駐車場)/有料、4月〜9月は8:30〜21:00、10月〜3月は8:30〜18:00。西駐車場(市立体育館横・116台、8:00〜21:00、土・日曜、祝日7:30〜21:00)もあり
問い合わせ 徳島市公園緑地課TEL:088-621-5295/FAX:088-655-4999
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

徳島城・本丸跡

2017.09.27

徳島城・東二の丸 天守跡

2017.09.27

徳島城・鷲の門

2017.09.27

徳島城・数寄屋橋

2017.09.27

徳島城(徳島中央公園)

2017.09.27
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ