南阿波サンライン

南阿波サンライン

室戸阿南海岸国定公園の中心、徳島県牟岐町(むぎちょう)から美波町(みなみちょう/旧日和佐町)に至る黒潮洗う海岸線に沿って走る延長17.8kmのシーサイドライン。現在は徳島県道147号(日和佐牟岐線)の愛称ですが、もともとは昭和49年に全線開通した観光有料道路の名称。昭和63年に無料開放されています。

かつては有料道路だった絶景ドライブウェイ

南阿波サンラインは、昭和63年、利用者が低迷したため、県道として無料化。
有料道路時代の南阿波サンラインという名前は無料化(県道化)以降も引き継がれ、南阿波サンライン活性化協議会によって、沿線の活性化が図られています。
ウバメガシ、クロマツが茂る海岸線の断崖上を走るため景色も抜群で、起伏に富んだコースはドライブにも最適。
陸からは見ることができませんが、牟岐町にある牟岐大島の内湾には、世界最大級の千年サンゴもあり、沿線の海がいかに豊かな海なのかがよくわかります。

途中の千羽海崖(せんばかいがい)では200mもの断崖が2kmに渡って連続しています。
南阿波サンライン第一展望台から、千羽海崖の海食崖、日和佐浦を眺望します。
南阿波サンライン第三展望台、南阿波サンライン第四展望台などポイントごとに展望台があるのでのんびりと寄り道しながら走行を。

なお、20:00〜5:00の間は、総排気量125ccを超える自動二輪車は通行禁止になっています。

名称 南阿波サンライン/みなみあわさんらいん
所在地 徳島県海部郡美波町奥河内~牟岐町中村
ドライブで 徳島自動車道徳島ICから約52km
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
南阿波サンライン第一展望台

南阿波サンライン第一展望台

南阿波サンラインは、美波町(旧日和佐)と牟岐町(むぎ)を結ぶ全長17.8kmのドライブウェイ。室戸へと急ぐ車は国道を走るため通行量も少なく観光的にはおすすめのドライブルートです。しかも室戸阿南海岸国定公園に指定される美しい海岸線を走り、途中

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ