津和野で【源氏巻】を夕食前に9種類食べ比べてみた(島根)

 
この記事は「! Buen viaje!(ブエン ビアーへ)旅と猫」から寄稿していただきました。
元記事はコチラ ▶ 津和野で【源氏巻】を夕食前に9種類食べ比べてみた(島根) : ! Buen viaje!(ブエン ビアーへ)旅と猫

◆源氏巻が9種類並んでた
b0141240_20004874.jpg
夕食前に突如始まった「源氏巻食べ比べ大会」
マジか。今か。
 
◆源氏巻ってなぁに?
b0141240_20005980.jpg
そもそも源氏巻って何だ?UKOARAは見たことも聞いた事もありませんでした。
源氏巻とは・・・
島根県津和野町の定番のお土産。
どら焼きのような皮でこしあんを巻いたお菓子。
城下町津和野だけでも9社ある。
その昔は小判を包んだ(隠した)とか。
お店では1本のバースタイルで販売してます。源氏バーです。
よく見ると皮の焼き色、つや、餡の色も微妙に違います。地元の方はそれぞれお気に入りのお店があるそうです。
b0141240_20011630.jpg
b0141240_20011971.jpg
◆食べ比べスタート
b0141240_20012237.jpg
順番に食べて行きます。味は分かりやすく言っちゃうとほぼ「どら焼き」です。

・峰月堂・・・甘くてしっとり
・村田一貫堂・・・カステラっぽい生地、甘さ控えめ
・山本風味堂・・・あんこに少し粒感が残ってる
・藤村山陰堂・・・一番しっとりしてる
・三松堂・・・あんこが懐かしい甘さ
・ことぶきや・・・ここのあんこも懐かしさあり
・開正堂・・・生地厚め
・山田竹風軒本店・・・優しい甘さ
・宗家・・・おまんじゅうっぽい、どっしりしてる
(※あくまでも個人の感想です)
9種類食べてUKOARAが気に入ったのは「藤村山陰堂」の源氏巻
帰りに空港で買おうと思ったら「藤村山陰堂」の商品はなかったので津和野で買うのがおすすめ。
b0141240_20013056.jpg
今回はNo.1を決めてしまったけど、もともと特別なOnly oneですから、それぞれおいしいです。
津和野に行った際はお気に入りを見つけてくださいー。
取材協力/島根県観光振興課

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ