世界遺産 相倉合掌造り集落(南砺市相倉伝統的建造物群保存地区)

世界遺産 相倉合掌造り集落(南砺市相倉伝統的建造物群保存地区)

富山県の西南に位置する山に囲まれた集落が南砺市の相倉合掌造り集落(世界遺産)。越中五箇山(えっちゅうごかやま)は、飛騨白川地方から流れ出る庄川(しょうがわ)の上流にあり、そびえ立つ山々に囲まれた小さな盆地。この地に平家の落人たちが住みついたと伝えられ、20棟の合掌造りの建物が現存し、南砺市相倉伝統的建造物群保存地区に選定。

世界文化遺産に登録の合掌造り集落

合掌造りは、両手を合わせて合掌礼拝する形から真宗信徒の多い地元では「ナムアミダブツ建て」と呼んでいました。
昭和45年に国の史跡に指定されて以来、国の重要伝統的建造物群保存地区となり、平成7年には、ユネスコの世界文化遺産にも登録。

「なかや」、「庄七」、「長ヨ門」、「三五郎」など合計7軒が合掌造りの民宿を営んでいるので時間が許せばぜひ1泊して合掌造りの生活を体験を。

現在の相倉集落には、合掌造りの建物が新旧民家と寺、道場、合掌小屋を合わせて20棟が建っています。
集落全体の戸数は明治20年代には50戸を超えてもっとも多く、現在は江戸時代中期と同じ二十数戸となっています。

名称 世界遺産 相倉合掌造り集落(南砺市相倉伝統的建造物群保存地区)/せかいいさん あいのくらがっしょうづくりしゅうらく(なんとしあいのくらでんとうてきけんぞうぶつほぞんちく)
所在地 富山県南砺市相倉
関連HP 公式五箇山観光情報サイト
電車・バスで JR高岡駅・JR新高岡駅・JR城端駅から世界遺産バス利用、相倉口下車、徒歩10分
ドライブで 東海北陸自動車道五箇山ICから約12km
駐車場 相倉共同駐車場(100台/有料)
問い合わせ 五箇山総合案内所 TEL:0763-66-2468
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
相倉合掌造り集落ライトアップ

相倉合掌造り集落ライトアップ (冬仕度)|南砺市|2019

2019年11月23日(月)〜11月24日(水)日没〜21:00、富山県南砺市で『相倉合掌造り集落ライトアップ (冬仕度)』が行なわれます(2019年のテーマは日本の原風景)。厳冬(2月)、新緑(4月)、お盆(8月)、初秋(9月)、冬支度(

相倉合掌造り集落ライトアップ

相倉合掌造り集落ライトアップ (初秋)|南砺市|2019

2019年9月14日(土)〜9月16日(月・祝)日没〜21:00、富山県南砺市で『相倉合掌造り集落ライトアップ (初秋)』が行なわれます(2019年のテーマは日本の原風景)。厳冬(2月)、新緑(4月)、お盆(8月)、初秋(9月)、冬支度(1

相倉合掌造り集落ライトアップ (夏)

相倉合掌造り集落ライトアップ (夏)|南砺市|2019

2019年8月12日(月)〜8月14日(水)日没〜21:00、富山県南砺市で『相倉合掌造り集落ライトアップ (夏)』が行なわれます(2019年のテーマは日本の原風景)。厳冬(2月)、新緑(4月)、お盆(8月)、初秋(9月)、冬支度(11月

高岡市山町筋伝統的建造物群保存地区

高岡市山町筋伝統的建造物群保存地区

富山県高岡市の山町筋一帯は、慶長14年(1609年)、高岡城の築城時に、前田利長から豊臣秀吉ゆかりの「山車」(だし)が与えられたと伝えられる通り(北国街道沿いの町人地)が山町筋。明治33年の大火以降に防火建築として土蔵が建てられたものが現存

高岡金屋町の家並み(高岡市金屋町伝統的建造物群保存地区)

高岡金屋町の家並み(高岡市金屋町伝統的建造物群保存地区)

富山県高岡市の中心部にある金屋町(かなやまち)は、高岡の地場産業である鋳物(いもの)発祥の地。今も藩政時代の面影を残す家並みは、銅片を敷き込んだ石畳に千本格子の家が軒を連ね風情があふれ、散策に絶好。平成24年には鋳物師町(いもじまち)として

世界遺産 菅沼合掌造り集落(南砺市菅沼伝統的建造物群保存地区)

世界遺産 菅沼合掌造り集落(南砺市菅沼伝統的建造物群保存地区)

富山県南砺市、世界遺産に登録された合掌造りの集落は、相倉と菅沼の2地区あり、国道156号沿いで規模は小さいが山里ならではの生活の息吹が感じられるのが菅沼合掌造り集落。庄川の河岸段丘の上に、見事な水田が造られ、その間にぽつんぽつんと合掌家屋9

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ