とちの湯

とちの湯

富山県黒部市宇奈月町、宇奈月温泉から黒部川の少し上流側にある宇奈月ダムのダム湖・うなづき湖の湖畔、尾の沼公園にある体験交流施設(立ち寄り湯)が湖畔の湯とちの湯。うなづき湖の湖畔を走る町道うなづき湖線の終点にあり、泉質は宇奈月温泉と同じ黒薙温泉からの引き湯(アルカリ性単純泉)。

うなづき湖の湖畔にある立ち寄り湯

露天風呂からはうなづき湖越しに対岸を走る黒部峡谷鉄道のトロッコ列車を眺める絶景が。
木材需要の拡大などを図る目的で建築されているので木がふんだんに使われ心地よさもバツグン。
宇奈月温泉の各旅館と同じ源泉ですが、温泉ツウは、「とちの湯」の方が引湯する距離が短い分だけピュアな温泉ということで、わざわざ足を伸ばして入浴することも。

食事処も営業し、山菜うどん、山菜そばなど軽食が用意されています(眺めの良いテラス席で味わうことができます)。
このテラス席、そして露天風呂から湖の最奥に猿専用吊り橋を眺望。
「運がいい時には本当に猿が渡るのを目にできます」とのこと。

駐車場(尾の沼公園)から200mほど歩くので雨の日、天候不順の日には傘の用意など注意が必要。

名称 とちの湯/とちのゆ
所在地 富山県黒部市宇奈月温泉大尾6215
電車・バスで 富山地方鉄道宇奈月温泉駅から徒歩1時間10分
ドライブで 北陸自動車道黒部ICから約16km
駐車場 30台/無料
問い合わせ TEL:0765-62-1122
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
尾の沼公園

尾の沼公園

富山県黒部市宇奈月町、うなづき湖の湖畔を走る町道うなづき湖線の終点にあるのが尾の沼公園。黒部市尾の沼体験交流施設「とちの湯」がありますが、湖岸一帯が尾の沼公園(展望駐車公園)として整備され、展望広場も用意されています。対岸に峡谷を走る黒部峡

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ