弘法の清水(四十物町)

弘法の清水(四十物町)

黒部川扇状地の末端、富山県黒部市生地地区は、町中至る所で湧き水があり、公共の湧水施設だけで18ヶ所もあります。そんな生地で毎分500ℓ、2番目に湧出量が多い清水が四十物町の弘法の清水。弘法の清水という名前は生地地区内にも数あるので間違いやすいのですが、岩瀬家の清水(皇國晴酒造)の横にあるのでそれを目印に。

四十物町の四十物とは、羅臼昆布のこと!?

弘法の清水(四十物町)

生地の代表的な「共同洗い場」のひとつですが、実は地元でもここの水は格段に旨いと定評があります。
ちなみに、有名な北海道知床の羅臼昆布の漁師は、現在の富山県黒部市生地からの移住の人達によって始まった歴史があります。
初代の羅臼漁協の組合長も生地出身の四十物武助さんでした。
四十物(あいもの)とは40種類あるという干物のことで、北前船の寄港で生まれた言葉(回船問屋が「四十物屋」の屋号を名乗ったため、北前船のルート上に四十物姓が分布しています)。

生地にある「四十物昆布」は、日本国内でもっとも羅臼昆布に精通する四十物直之(あいものなおゆき)さんの店。
時間があれば、ぜひ寄り道を。

ちなみに生地地区の湧水は、「黒部川扇状地湧水群」として環境省の名水百選に選定されています。

名称 弘法の清水(四十物町)/こうぼうのしょうず(あいものちょう)
所在地 富山県黒部市生地
関連HP 黒部市公式ホームページ
電車・バスで あいの風とやま鉄道生地駅から徒歩30分
ドライブで 北陸自動車道黒部ICから約6km
駐車場 魚の駅生地(100台)を利用
問い合わせ 黒部市商工観光課 TEL:0765-54-2111
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
黒部川扇状地湧水群

黒部川扇状地湧水群

富山県黒部市と入善町にまたがる黒部川の扇状地では各地で水が湧いています。これが地元で「ほりぬきの水」と呼ばれる北アルプス立山連峰の伏流水。環境省の名水百選にも選定されています。黒部市生地地区には、18ヶ所の湧水ポイントがあり生活に利用されて

名水公園の清水(くろべ名水公園)

名水公園の清水(くろべ名水公園)

黒部川扇状地湧水群は、環境省の「名水百選」に選ばれ、それを記念して昭和63年、富山県黒部市生地(いくじ)の黒部漁港前に「くろべ名水公園」が造られています。公園は北アルプスから流れ出る湧水が黒部川を流れ下る様子を表現し、飲泉所も備わっています

絹の清水

絹の清水

隣にあった豆腐店(卯助ま)が絹ごし豆腐を作っていたことが名の由来という富山県黒部市生地の湧水が絹の清水(きぬのしょうず)。絹のような豆腐を生み出す清水という意で、今も生活用水として活用されています。黒部市生地地区は、黒部川扇状地の末端部分に

清水庵の清水

清水庵の清水

富山県黒部市の生地(いくじ)地区は、黒部川扇状地の末端にあたり、豊富な湧き水が自噴する地。「黒部川扇状地湧水群」として環境省の名水百選にも選定されています。経妙寺に境内に湧くのが清水庵の清水(しょうず)。『奥の細道』途中、大垣へと向かう松尾

前名寺の清水(前名寺天満宮)

前名寺の清水(前名寺天満宮)

富山県黒部市生地にある曹洞宗の寺、前名寺。菅原道真が太宰府に配流される際に道真の嫡子が描き、道真自身も日月の図と梅松を書き加えたという道真像(日月天神軸)が祀られるため、前名寺天満宮の名があります。寺の裏に湧水池があり、湧き出る前名寺の清水

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ