水呑王子

水呑王子

和歌山県田辺市、世界文化遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の構成資産となる熊野古道・中辺路(なかへち)。熊野九十九王子(くまのくじゅうくおうじ)のひとつで、発心門王子(ほっしんもんおうじ)と伏拝王子(ふしおがみおうじ)の間にあるのが水呑王子(みずのみおうじ)で、熊野本宮大社の奥の院とも伝わる船の神様です。

中世には内水呑王子と呼ばれていた

水呑王子は、平安末期に誕生した王子で、中世までは内水呑(内水飲)王子と呼ばれていました。
藤原宗忠の『中右記』(ちゅうゆうき/正式名:中御門右大臣の日記)に記された天仁2年(1109年)10月の参詣記には「次に内水呑王子に参り奉幣、新王子」と記されていることから、それが裏付けられます。
大門王子あたりに「水飲」があったため、それと区別するため本宮に近いこの地を内水飲と称していたのです。

熊野詣でが廃れた江戸時代に廃絶。
享保8年(1723年)、第6代紀州藩主・徳川宗直(とくがわ むねなお)が緑泥片岩の碑を寄進、廃校となった三里小学校三越分校跡にその碑が現存しています。
碑のある背後の山から道路付近一帯が水呑王子の旧社地だったと伝えられています。
碑の脇にある小さな地蔵尊は腰痛にご利益があるとして地元では有名。

発心門王子からは舗装された林道を歩いても30分ほど。
ドライブの場合には歩行者に注意が必要です。
水呑王子から伏拝王子へは古道らしい山道で徒歩30分ほどの道のり。

名称 水呑王子/みずのみおうじ
所在地 和歌山県田辺市本宮町三越
ドライブで 阪和自動車道南紀田辺ICから約65km
駐車場 水呑王子近くの駐車スペースを利用
問い合わせ 田辺観光協会 TEL:0739-26-9929
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
祓戸王子

祓戸王子

和歌山県田辺市、世界文化遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の構成資産のひとつ熊野古道・中辺路(なかへち)途中、伏拝王子(ふしおがみおうじ)と熊野本宮大社の間に位置するのが祓戸王子(はらいどおうじ)。九十九王子(くじゅうくおうじ)のひとつで、かつ

伏拝王子

伏拝王子

和歌山県田辺市、世界文化遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の構成資産のひとつ熊野古道・中辺路(なかへち)途中、その名の通り本宮大社を目にして伏し拝んだ地が伏拝王子(ふしおがみおうじ)。熊野の山並みを一望にし、明治22年の大水害で流出するまで本宮

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ