高野山 六時の鐘

高野山 六時の鐘

高野山には今も現役で時を告げる鐘が2ヶ所あります。壇上伽藍・金堂の右脇、根本大塔の南に位置する高野四郎(こうやしろう=大塔の鐘)、そしてもうひとつが壇上伽藍から少し離れた金剛峯寺前駐車場に近い六時の鐘です。高い石垣の上に建つ鐘楼は、福島正則(ふくしままさのり)が父母の追福菩提を祈って、元和4年(1618年)に建立。

今も偶数時に時を告げている

建立後間もない寛永7年(1640年)に焼失し、寛永12年(1645年)、福島正則の子、福島正利(ふくしままさとし)が再建し、現存するのはこの鐘楼。

6:00〜22:00までの間の時間帯で、偶数時のみ、高野山内に時を刻む鐘音を響かせていますが、6:00から撞き始められるのが名の由来です。

金剛峯寺から壇上伽藍へと向かう蛇腹道(じゃばらみち)の入口近くにあるのでお見逃しなく。
 

高野山 六時の鐘 DATA

名称 高野山 六時の鐘/こうやさん ろくじのかね
所在地 和歌山県伊都郡高野町高野山152
関連HP 金剛峯寺公式ホームページ
電車・バスで 南海高野線高野山駅から南海りんかんバス奥の院前行きで11分、千手院橋下車
ドライブで 京奈和自動車道紀北かつらぎICから約23km
駐車場 中門前駐車場(18台)・霊宝館前駐車場(18台)・金剛峯寺第2駐車場(72台)・金剛峯寺前駐車場(39台)/無料
問い合わせ TEL:0736-56-2011/FAX:0736-56-4640
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

高野山 壇上伽藍・御影堂

2018.12.08

高野山 壇上伽藍・東塔

2018.12.08

高野山 壇上伽藍・三昧堂

2018.12.08

高野山 壇上伽藍・根本大塔

2018.12.08

高野山 壇上伽藍・金堂

2018.12.08

高野山 壇上伽藍・中門

2018.12.08

金剛峯寺・本坊

2018.12.07

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ