高野山・女人堂

高野山・女人堂

明治5年に女人禁制が解かれるまで、高野山は女性の立ち入りが厳しく禁じられていました。女人禁制の時代には、高野山に通じる主要な参詣道には、女人堂が建てられ、女性は女人堂に籠り、空海が葬られた弘法大師御廟を遥拝したのです。京大坂道(きょうおおさかみち)の不動坂口に建てられた参籠所が、女人堂として現存しています。

高野七口にあった女人堂で不動坂口は唯一現存の参籠所

高野七口(こうやななくち)と呼ばれるように、高野山には7つの参詣道がありましたが、各登り口に女性のための参籠所(女人堂)が設けられましたが、現存するのは不動坂口ただ1ヶ所です。
京大坂道不動坂(和歌山県高野町)は世界文化遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」に高野参詣道として登録されています。
京大坂道(高野街道)は、参詣道のなかでももっとも賑わった道です。

女人堂のルーツは、文永年間(1264年〜1274年)、越後国に本陣宿「紀の伊国屋」で働く小杉という女性が、蓄財して参籠所を建てたのが始まりと伝えられています。
女人堂の堂内には大日如来を中心に、左に役行者(えんのぎょうじゃ)、右に弁財天が祀られています。

女人禁制の時代には、女人信者は弘法大師の御廟を拝みたいと、女人堂から女人堂へ、八葉蓮華の峰々を辿ったといわれ、この道を「女人道」と呼んでいます。
不動坂口女人堂の建つ京大坂道のほかに、町石道(ちょういしみち)、黒河道(くろこみち)、小辺路(こへち)、大峰道(おおみねみち)、有田・龍神道(ありだ・りゅうじんみち)、相ノ浦道(あいのうらみち)があり、入口に建つ女人堂を結んでの「女人道」は今も残されてい、歩くことができます(16km/所要5時間30分)。
 

高野山・女人堂 DATA

名称 高野山・女人堂/こうやさん・にょにんどう
所在地 和歌山県伊都郡高野町高野山709
関連HP 高野町公式ホームページ
ドライブで 京奈和自動車道紀北かつらぎICから約23km
駐車場 高野町役場駐車場(平日46台・休日117台)/無料
問い合わせ 高野町産業観光課 TEL:0736-56-2780/FAX:0736-56-2770
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

取材・画像協力:公益社団法人和歌山県観光連盟

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ