高野山駅

高野山駅

熊野、吉野大峯とともに世界文化遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の構成資産となっている高野山。その玄関駅となるのが高野山ケーブルカー(正式名は南海鋼索線)の高野山駅。高野山の山上標高867mに位置する駅で、駅舎は国の登録有形文化財に、そして「近畿の駅百選」(国土交通省近畿運輸局管内の特徴ある100駅)に選定されています。

高野山開創1200年にあわせて、昭和5年の開業時の姿に復元

高野山駅

昭和5年6月29日、高野山電気鉄道鋼索線(現在の南海鋼索線)開通と同時に開業したという駅舎が現役です。
平成27年の高野山開創1200年にあわせて、耐震工事を含めて改修されています。
この改修工事で、丸窓や欄干、外壁の色彩など開業当時の意匠に可能な限りで復元されており、昭和レトロな高野山の玄関駅が復活しています。

1階がコンコース、2階が待合室で、待合室には慈尊院や高野線の歴代車両の写真などが飾られ、高野山に関係する本や雑誌を置く「こうや文庫」が設置されているほか、展望室も備えられています。

高野山駅 DATA

名称 高野山駅/こうやさんえき
所在地 和歌山県伊都郡高野町高野山国有林
関連HP 高野山ケーブルカー公式ホームページ
駐車場 なし
問い合わせ TEL:0736-56-2305
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

高野山ケーブルカー

2018.12.08

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ