高野山ケーブルカー

高野山ケーブルカー

南海電気鉄道高野線の終点、極楽寺橋駅(標高535m)と熊野、吉野大峯とともに世界文化遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」に指定された高野山の玄関口、高野山駅(867m)を結ぶケーブルカーで、正式名は南海鋼索線。高野山ケーブルカーと通称されています。山上の高野山駅では、南海りんかんバスの路線バスと接続。

2019年3月に4代目となる新車両を投入

高野山ケーブルカー

2018年11月まで運転された3代目車両

高野山ケーブルカー

2019年3月から運転の4代目車両

昭和5年6月29日に高野山電気鉄道鋼索線として開通した歴史あるケーブルカーですが、鋼索鉄道(ケーブルカー)としては初めてIC乗車カードが利用できるシステムを導入しています。
さらに2019年3月に4代目となる新車両を投入、朱色の流線形に変身しています。
「訪日客が増えて国際的になっている、高野山のイメージを表した」(南海電気鉄道)とのこと。
高野山駅は国の登録有形文化財に登録され(登録名は、南海電気鉄道鋼索線高野山駅駅舎)、「近畿の駅百選」に選定されています。
 

高野山ケーブルカー DATA

名称 高野山ケーブルカー/こうやさんけーぶるかー
所在地 和歌山県伊都郡高野町高野山
関連HP 高野山ケーブルカー公式ホームページ
電車・バスで 南海電気鉄道高野線極楽寺橋駅からすぐ
駐車場 なし
問い合わせ 南海テレホンセンター TEL:06-6643-1005
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

高野山駅

2018.12.09

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ