大蕨の棚田

大蕨の棚田

山形県東村山郡山辺町にある棚田が大蕨の棚田(おおわらびのたなだ)。山辺町の中山間地域、大蕨地区にある江戸時代初期の記録が残る歴史ある棚田で、日本の棚田百選にも選定されています。5月中旬〜5月下旬に田植え、9月下旬〜10月中旬秋には稲を2~3週間ほど「杭掛け」で天日干しする光景を目にすることができます。

棚田保存が図られ、美しい景観が展開

大蕨の棚田農夫の会、中地区有志の会などが組織され、毎年、田植えや稲刈り・杭掛け作業を体験する会員が募集され、棚田の保全活動が行なわれています。
10月中旬に収穫される米は、品種「里のゆき」(山形県オリジナルの低アミロース米=粘りが強く、冷めてもあまり食味が低下しないのが特徴)なので、美味しい棚田米(稲杭掛け天日干し自然乾燥の棚田米)として人気です。
稲刈り後には稲を高さ2mの木製の杭に稲を積み上げ、天日干しする「杭掛け」が1000本以上整然と並びます。


山形県道18号山形朝日線沿いにあるので、アプローチも便利です。

掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ