西ノ湖

西ノ湖

栃木県日光市、奥日光の戦場ヶ原の南西、中禅寺湖の最奥部に眠る秘湖が、西ノ湖(さいのこ)。かつては中禅寺湖の入江だった場所で、土砂の堆積で切り離されてできた遺留湖。「奥日光の湿原」の一部としてラムサール条約に登録。周囲は自然林で、シカなどが出没する自然が残されています。

湖畔にはミズナラの巨木「千手楢」も!

天応2年(782年)、日光開山の勝道上人(しょうどうしょうにん)が男体山登頂の際に発見したと伝えられる湖で、西ノ湖の西岸の西ヶ浜からは男体山を眺望。
西ノ湖に流れ込む沢はありませんが、水位の増減が激しいことで知られ、雪解けから梅雨のグリーンシーズンには並々と水を湛え、渇水期には浜が広がるという特徴があります。
ヤチダモなどの茂る湖畔林は、栃木県の第1種特別地域で、湖畔のミズナラの大木・千手楢(せんじゅなら)は、奥日光を代表する巨木です。

日光市道1002号が近くを通りますが、生態系維持のため、戦場ヶ原自然研究路の起点となる赤沼茶屋(赤沼車庫)と千手ヶ浜を結ぶ日光交通の低公害バス(日光自然博物館が例年4月〜11月に運行)を利用するか、徒歩での到達となります(西ノ湖にトイレはないので、低公害バス乗車前にトイレは済ませておくのが賢明)。
低公害バスのバス停「西の湖入口」からは徒歩20分。

徒歩で到達する場合は、竜頭の滝から中禅寺湖の北岸を歩き、千手ヶ浜に出、そこからかつては湖だった樹林帯(千手の森遊歩道)を歩いて到達、あるいは戦場ヶ原から弓張峠を越えるルートとなります。
千手ヶ浜まで中禅寺湖遊覧船、モーターボート(チャーター)を利用する手もあります。
千手ヶ浜〜西ノ湖は、千手の森遊歩道で40分。

西ノ湖
名称 西ノ湖/さいのこ
所在地 栃木県日光市中宮祠
電車・バスで JR日光駅、または東武日光駅から東武バス湯元温泉行きで赤沼下車、低公害バスに乗り換えて20分、西の湖入口下車、徒歩10分
ドライブで 日光宇都宮道路清滝ICから約21kmで赤沼駐車場、低公害バスに乗り換えて20分、西の湖入口下車、徒歩10分
駐車場 赤沼駐車場(500台/無料)
問い合わせ 日光観光協会 TEL:0288-54-2496
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
中禅寺湖

中禅寺湖

日光国立公園に数多くある堰き止め湖の中で一番大きいのが中禅寺湖(ちゅうぜんじこ)。標高1269m、周囲21km、南北1.8km、東西6.5kmの大きさ。最深部は163mで、男体山が約2万年前に噴火した際にできたものと推定されています。人造湖

竜頭の滝

湯ノ湖から湯滝を経て流れる湯川が中禅寺湖にいたる最後の見せ場ともなっているのが竜頭の滝。滝壺近くの大岩で流れが分けられて、変化に富んだ景観を見せる滝としても有名です。とくにツツジや紅葉の季節は絶好の写真撮影の場所として多くの人が訪れます。ま

戦場ヶ原(戦場ヶ原自然研究路)

戦場ヶ原

栃木県日光市、中禅寺湖に流れ落ちる竜頭の滝のさらに上部に位置する高層湿原が、戦場ヶ原。男体山(なんたいざん)の噴火で湯川がせき止められてできた湖が、長い年月をかけて湿原化したもの。赤沼茶屋と湯滝などを結び戦場ヶ原自然研究路が整備され、自然観

中禅寺湖遊覧船

中禅寺湖遊覧船

中禅寺温泉湖畔第1・第2駐車場前にある船の駅中禅寺を起点に菖蒲ヶ浜や最奥の千手ヶ浜を遊覧するのが東武グループの中禅寺湖遊覧船。船の駅中禅寺〜菖蒲ヶ浜〜立木観音前〜船の駅中禅寺と周遊するのが基本コースで、季節によっては船の駅中禅寺〜菖蒲ヶ浜〜

小田代原

小田代原

栃木県日光市、奥日光の戦場ヶ原の西にある周囲3kmほどの湿原が、小田代原(おだしろがはら)。湯ノ湖から流れる湯川の西側にあり、「小田代原の貴婦人」と呼ばれるシラカンバの木は、被写体に人気です。湿原の周囲をミズナラが囲み、神秘的な雰囲気を醸し

中禅寺湖・千手ヶ浜

中禅寺湖・千手ヶ浜

栃木県日光市中宮祠、中禅寺湖の最奥、湖の西端に位置する汀線2kmほどの砂浜が、千手ヶ浜。仏教的な浜の名は、日光を開山した勝道上人(しょうどうしょうにん)が、霊峰・男体山を仰ぐ一等地のこの地で千手観音を感得し、千手堂を建立したから。初夏の6月

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ